現場監督 津留﨑 亮

津留﨑 亮プロフィール

[資格]

[趣味&特技]

子供たちの日々の成長を見る事が何よりも楽しみです。

[休日の過ごし方]

小学生になる子供が2人いますので、宿題等を教えたり、子供たち中心で過ごしております。

どんな仕事をしていますか?

私は、福岡工務店では施工管理の仕事をしております。

施工管理は、お客様と設計・インテリアコーディネーター・営業が打合せを行ない、お客様が家づくりの夢を膨らませた図面を基に建物を施工していきます。また、具体的な業務は多岐にわたり、品質管理・原価管理・工程管理・安全管理・施工計画の策定・協力業者の手配等全体を円滑に進めるポジションに位置し、オーケストラでいうと指揮者の役割を担っております。そして、施工管理の業務は、お客様や社内の関係部署だけでなく、協力業者の方達とも関わるポジションになる為、信頼関係を築くことも必要不可欠で、話す力だけでなく周囲の意見を聞き取る力も重要になってきます。

日々の業務で大切にしていることは何ですか?

家づくりは、多くのお客様にとっては一生に一度きりのことであると考えています。お客様には建築工事中の建物へお時間があれば、ぜひ足を運んで頂きたいです。お客様に住んで頂く建物が、どのように作られているのか、完成後では見えない木造構造を堪能して欲しいです。そして、現場を円滑に運営させる為に、お客様のご要望を踏まえた提案や施工管理のプロとしてのアドバイス、完成した建物のお引渡しが完了する最後の瞬間までチェックを重ねていきます。

次に、家づくりは、協力業者と連携して進めていきます。各工程ごとにプロの職人がいるため、それぞれの施工内容を理解した工程等の調整が必要になってきます。正確な指示が現場へ的確にされなければ、現場は円滑には進みません。相手が何を必要としているのかを考えながら職務に当たっています。また、現場の安全管理をしっかり対策していかなければなりません。職人達の家族の為にも、絶対に事故無く建物の完成をしなければなりません。その為、迅速な対応であったり、臨機応変な対応など常にアンテナを張った状態で現場の運営に努めております。

お客様・求職者・取引先の方等へ、メッセージ

私は、家づくりを真剣に考えております。それは、高性能住宅の提供です。日本の住宅は、世界でも厳しい環境にある建物になり、夏は蒸し暑く、冬は寒い気候の中にあります。これまでの日本の住宅は、夏は、暑さ対策で通気をとることで涼しくし、夏は、暖房器具で暖をとる方式が一般的でした。しかし、地球温暖化の影響で夏は暑く、冬はすきま風が寒い家になっています。今後の住宅に求められているのは、一年中快適でさわやかな住宅です。福岡工務店の家は、快適さの理想を叶える事が出来ると考えております。そして、福岡工務店は、品質に対する管理体制を整えることにより、すべてのお客様へ高性能住宅の品質が平準化された家を提供する事が出来ます。

高性能住宅を求める方は、ぜひ福岡工務店を検討してください。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください