私たちの考え

企業理念

  • 「おっ!」をつくる
    • ・「おっ!」をつくるとは?

      福岡工務店の企業理念は「おっ!」をつくるです。「おっ!」とは驚いた瞬間の感覚のことであり、喜びの根源は驚きから始まると考えています。この小さな驚きを積み重ねることで、大きな感動が生まれるのだと信じています。

      この「おっ!」という1.5文字の理念は(自称)日本一短い理念ですが、私たちは日本一長く愛される家づくりをしています。

  • 「おっ!」カード
    • ・「おっ!」カードとは?

      私たちが掲げている理念の「おっ!」を目に見えるカタチにするため、「おっ!カード」という取り組みをしています。

      例えば、私たちのことを気にいってくださったお客様に5枚の「おっ!カード」をお渡ししています。私たちが提供する物やサービスを通じて、社員や職人、業務委託者などに対し、少しでも「おっ!」と感じたら、その時その場で「おっ!カード」を渡してもらっています。

  • RKB毎日放送にて放送された福岡工務店の理念について

    ・株式会社WOW Holdings CEO 阿久津岳生

3つのサイクル

新しい仕組みづくり構築の一環として、「3つのサイクル」をつくっています。

  • 環境のサイクル
    • 地域産の木材・資源を使うことにより、輸送エネルギーの削減や森林環境の改善が図られ地域再生に貢献できます。省エネ住宅が当たり前になっている現在、それをより高度に発展させて限りなくエネルギーコストをゼロに近付けていきます。建物の寿命が長くなると資源の有効活用に繋がりCO2排出削減に貢献することになります。

  • 笑顔のサイクル
    • 職人とお客様を繋ぐ「現場リポート」という仕組みがあります。これはお客様から「大工さんすごい。でも話しづらい。近くで現場を見たい。」との声が多く挙げられたことで始まりました。次に、家づくりの空間に関しても笑顔をつくる工夫をしています。普通の家は冷暖房効果を考えて家を小さく間仕切ってますが、そうすると会話も仕切られコミニュケーションが減ります。私たちがつくる家は高性能住宅なため大空間でも問題なく、コミュニケーションが豊かになり家族の笑顔が絶えない家になります。

  • 時間のサイクル
    • 1世代、2世代、3世代…と世代を越えて受け継がれていく家づくりを目指しています。200年耐えられる家づくりは、家の性能だけではなく、その後のメンテナンスやそこに住む人の考え方で変ってきます。人間で例えると、健康を維持するために病院でカルテを作成するのと同じように、家の健康を維持するために家歴書をつくり、その家のメンテナンスやリフォームなどを記録していきながら、次の世代に受け継いでいく仕組みをつくっていきます。

社会的責任

福岡工務店は、家を建築するだけの企業ではありません。お客様、社員、会社、取引企業、社会などの全ての携わる人々と共に感動を共有し、共に成長し、そして幸せな未来を組み立て築き上げていく企業です。日々の事業活動において、この考えが実現するように努力することが福岡工務店のCSR(企業の社会的責任)であると考えています。

    • 福岡工務店のCSR

      お客様の幸せな未来を真剣に考え、 お客様と一緒に家づくりをして行きます。

      社員の幸せな未来を永続して行くため、会社も社員も一緒に成長して行きます。

      会社を未来に向けて発展させて行くため、取引企業との連帯心を大切にして行きます。

      地域社会に貢献し、福岡工務店が社会の一員として生きていることの自覚を持ちます。

      そしてグローバルな視点から文化の革新を想像し創造して行きます。

シンボルマーク