高性能住宅

高性能住宅とは

気密性能と断熱性能が一定の基準以上で施工された住宅のことを、
福岡工務店では高性能住宅と呼んでいます。
ここでは、なぜ福岡工務店がこの高性能住宅を推奨しているかお伝えします。
  • 断熱性能とは保温性能

    断熱性能とは、保温性能とも言い換えることができます。そこで、魔法瓶を思い浮かべてみましょう。

    夏は、魔法瓶に冷水を入れると冷めたさが持続し、やかんやペットボトルに入れた冷水はすぐに温くなります。冬は、魔法瓶にお湯を入れると暖かさが持続し、やかんやペットボトルに入れたお湯はすぐに冷たくなります。住宅でもこれと同じことが言えます。

    つまり、性能の良い断熱材をできるだけ厚くすれば、断熱性能が高くなり熱が逃げにくく保温性が増します。しかし、住宅の場合はこれだけでは高性能住宅とは言えません。

  • 断熱性能とは保温性能
  • 断熱性能+気密性能

    魔法瓶の蓋が開いていたら、お湯はすぐに冷めてしまい、冷水はすぐに温くなります。蓋がきちんと閉まっている状態が気密性能が高い、つまり隙間がない状態となり最も熱が逃げにくい状態となります。

    住宅の場合、断熱性能が高いことにプラスし、気密性能が高いことが高性能住宅である条件の1つとなります。

  • 断熱性能+気密性能

高性能住宅のメリット

  • MERIT 1

    少ない電力で最大の冷暖房効果

    正しく設計・施工された高気密・高断熱の高性能住宅の住まいは、室内の温度差がほとんどありません。床下から1階・2階・小屋裏まで、また、居室・廊下・トイレ・洗面・浴室までその温度差はわずかです。

    普通の家の冷暖房は、単に空気を冷やしたり暖めたりするだけですが、高性能住宅では、空気だけでなく家具や構造材・仕上げ材、そして基礎コンクリートまで建物全体を丸ごと暖めたり冷やたりします。家全体が蓄熱体となり、冬は暖かく夏は涼しい家になります。

    例えば、冬の雪嵐の日に窓を全開にして家の中の空気を全部入れ替えても、輻射熱により寒さを感じることはありません。それゆえ最小のエネルギーで最大の冷暖房効果が期待できます。

    大空間でもエアコンは1台で大丈夫です。ただし、エアコンの設置が1階の場合は冬向き(夏場2階が少し暑くなる)となり、2階の場合は夏向き(冬場1階が少し寒くなる)となるため、無理なく冷暖房しようと思えば各階に1台ずつの設置が望ましいでしょう。また、広さや間取りによってはそれ以上必要な場合もあります。

  • MERIT 2

    エアコンは基本24時間稼働

    高性能住宅の冷暖房の基本は、点けたり消したりして一時的に大きな負荷をかけるより連続運転が基本です。家全体が一度蓄熱すれば、エアコンはほとんど準備運転状態になり結果的に省エネに繋がります。注意が必要なのは、石油ストーブなどの酸素を消費する燃焼系の暖房器具は避けることです(FF式はOK)。高気密住宅は隙間が少ないので24時間計画換気のみでは換気不足になるからです。

  • MERIT 3

    高い防音効果

    高性能住宅には高い防音効果があります。外の電車や車の音はそれほど聞こえず、ピアノやオーディオの音もそれほど外に漏れません。ただし、室内の音はよく響きますので、トイレの位置を居室からできるだけ離すなどの考慮が必要になってきます。

  • MERIT 4

    ヒートショックを防ぐ

    ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞などを引き起こす現象を言います。 高性能住宅では、真冬でも床暖房がないのに床はほんのり暖かく、夜中トイレにいくのも苦にならず、脱衣室もお風呂も寒くありません。従って、ヒートショックを防ぐことにも繋がります。

お客様の感想

高性能住宅の住み心地は一言で表すと「快適」です。家全体が冬は暖かく夏は涼しいという環境は、実際に体感しなくては分かりません。頭の中で想像するのとは大違いです。これは実際に住んでいる家に訪問する(特に暑い日か寒い日に)、または、住んでいる人の話しを聞いてみるのが一番です。

梅雨時でも快適、浴室や脱衣室に干した洗濯物は乾燥機などを使わなくても翌朝には乾いている

高気密だから防音性が高くて周囲の音が気にならない、ゆっくり眠れるから目覚めもよくなった

食器棚や窓の桟の上にホコリは溜まらないし、料理の匂いもこもらないし、浴室もカビが発生しない

前は暖房器具をたくさん使っていたけど、今はエアコンだけで家全体が暖かいから電気代が安くなった

季節を問わず室温が一定で快適、使い勝手も考えた間取りなので家にいるのが楽しくなった

などなど…人それぞれ感じ方は違いますが、これらの「快適性」の感想は実際に住まれた方からいただいたものです。これらの感想には理由があります。その理由をみなさんご自身でぜひ体感してみてください。