福岡工務店の換気システム

現在、国によって24時間換気システムの取り付けが義務化されており、福岡工務店では、全熱交換式第1種換気システムを標準にご提案しております。ここでは全熱交換式第1種換気システムの特長や全館空調との比較などをわかりやすく解説しています。

全熱交換式
第1種換気システム

全熱交換式第1種換気システム

福岡工務店の全熱交換式第1種換気システムは、業界トップクラスの熱交換率で換気をおこないながら家の中の温度変化を防ぎます。夏は冷房の冷気を逃がさず冬は暖房の熱を逃さないため、一年中心地よい温度の空気が循環します。住み心地が良いだけでなく光熱費の削減や健康維持増進にもメリットがあるのです。

全熱交換式
第1種換気システムの特長

熱交換率90%(業界トップクラス)

換気システムの熱交換性能はどれも同じではありません。性能の違いは熱交換率として数値化されます。福岡工務店が採用する換気システムでは換気によって失われる熱(温度)のなんと90%を回収します。

熱交換率90%

福岡工務店の熱交換エレメントは、熱交換をおこなう時間の長い「対交流構造」を採用することにより高い熱交換効率を実現します。

熱交換率90%

湿度交換率67%

夏冬の湿度条件が異なる海外のメーカーの熱交換システムは、日本の夏の湿気を効果的に交換する設計になっていません。そのため、湿度交換効率が数値化されていない機器も多く存在します。

その点、福岡工務店の換気システムは国内メーカーの製品を採用しており、実験による湿度交換率は67%という数値が示されており性能に安心感があります。湿度交換率の見える化は非常に重要です。なぜなら、湿度を管理するということは住む人の健康にとても重要だからです。

湿度交換率67% 湿度交換率67%

湿度を50%前後に保つことで快適なだけでなく、ウイルス感染やシックハウスの原因になるカビやダニなどの害からも身を守ることになります。また、湿度交換のシステムは高性能ガスバリア性透過膜の採用により熱と水分子だけを移行します。そのため、臭気や汚染空気は遮断し臭気の分散も気にならない設計です。

ランニングコストを節約

同じ能力でも消費電力の低いDCモーターを採用しています。家の大きさに合わせて風量を10段階で調節できるため、過剰なモーターの運動を防ぎ消費電力を抑えます。さらに外気が爽やかな春と秋には自動で給気風量を最小運転に切り替え、換気装置本体の消費電力を抑えます。

消費電力・ランニングコスト(月額)

品名 使用台数 消費電力 金額
SW200RS 1台 *32W 約600円

*電力単価27円/kWhで計算。125㎡/h時の消費電力

冷暖房費を年間26,700円削減

室内の温度変化を防ぐ換気システムにより、年間を通しての冷暖房費を節約することができます。熱交換器のない同等換気システムと年間の冷暖房にかかるエネルギー消費量を比較すると、首都圏の気温条件で約61%の省エネ。金額にすると26,700円もお得になります。

冷暖房費を年間26,700円削減

ダクトへの虫の侵入を防止

外気に面する給気口にサイクロン式の防虫ユニットを標準設置しています。吸い込み力を利用して回転するファンが外部からの虫や細かな粉塵のダクトへの侵入を防ぎ、室内への空気環境とは直接関係ないダクト部分の衛生管理にも貢献します。

  • ダクトへの虫の侵入を防止
  • ダクトへの虫の侵入を防止

一般的な給気フードでは、フィルター部分まで虫や粉塵が浸入する可能性がありますが、サイクロン式給気フードではダクトに入る前に虫や粉塵をシャットアウトします。

花粉・黄砂・PM2.5の侵入を防止

換気システム本体には外気洗浄フィルターが装備されています。福岡工務店では、黄砂やPM2.5への対策としてワンランク上の微粒子用フィルターを標準搭載。きれいで爽やかな空気を供給します。

  • 花粉・黄砂・PM2.5の侵入を防止
  • 花粉・黄砂・PM2.5の侵入を防止

メンテナンスが容易

  • 通常、換気システムは3カ月に1回のフィルター清掃が必要になります。しかし、福岡工務店ではサイクロン式給気フードを採用しているため、目詰まりしにくくメンテナンスの頻度を減らすことができます。

    お掃除ランプが点灯したら、点検口から2箇所のフィルタ―を抜き取り掃除機でゴミを吸い取り水洗いします。手軽にメンテナンスできる点も、福岡工務店が全熱交換式第1種換気システムを採用した重要なポイントです。

  • メンテナンスが容易

全館空調との比較

近年、第1種換気とエアコン機能を一体化させ、24時間空調をする全館空調という商品が多くのハウスメーカーや工務店で採用されつつあります。

しかし、福岡工務店では長期的な視点で換気システムと冷暖房システムは切り離してご提案しています。その理由は、冷暖房機器の日々の性能向上や機械の故障もしくは寿命時の交換費用、故障時のメンテナンス費、さらにあらゆる生活シーンなどを考慮すると、現段階では冷暖房と一体化した換気システムではデメリットが多いと感じているからです。

お客様に末永く快適に暮らしていただくためには経済的で使いやすく、さらにご自身でメンテンスしやすい状態であるほうが良いと考えています。

故障した場合、冷暖房がすべて止まる
業者の休日に故障したら空調なしになる
修理・入替に数10万円〜200万円かかる
乾燥がひどくて喉が痛くなる場合がある
湿度が20%前後になるため加湿器が必須
家族と体感温度が違うので温度設定が難しい
つけたり消したりすると電気代が跳ね上がる

福岡工務店で建築いただく方には併せて最新式エアコンをご提案しています。特長として外気中の水分を利用して室内の湿度調整をおこなえるため、高性能住宅で発生しがちな過乾燥に対応することができます。業界トップクラスの熱交換率を持つ高性能な第1種換気システムと、高性能エアコンを組み合わせることで、全館空調以上の快適性、安心感、経済性、メンテナンス性能を実現しています。

本記事のまとめ

高気密・高断熱の高性能住宅の良さを最大限に発揮し、快適で省エネな暮らしを実現するには、全熱交換式第1種換気システムが最適と考えております。換気システムのことなどでお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。