福岡工務店の断熱施工について⑤

前回は窓における日本基準と世界の基準についてお話しさせていただきました。今回はなぜ世界各国が窓の高性能化を進めているのかについてお話しさせていただきます。

暑さの7割、寒さの6割は窓が原因

住宅で生じる熱の損失を家の部位ごとに比べてみると興味深いことが分かります。

窓などの開口部を通して、冬に暖房の熱が逃げる割合は58%、夏の冷房中に入ってくる割合は73%にも及びます。暑さの原因の7割、寒さの原因の6割が窓とみなせます。もちろん家の断熱性能や形状などによって異なります。国によっても異なります。しかしどの国でも暖房にかかるエネルギーはかなり大きな比率を占めており、窓はその原因の半分以上を占める部位になります。世界各国で規制を厳しくするのは当り前のことなんです。

では世界ではどのサッシが多く使われているのかみてみましょう。

こちらの図で分かる通り、日本と中国以外は窓の性能にこだわっているのが分かりますね。夏涼しく冬温かい暮らしには、窓の性能にこだわる必要があるわけです。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください