福岡市早良区07 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。リポート担当の平野です。2月19日(金)晴れ。本日は、気密検査直前の様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。本日は、現場監督の古藤と阿部が気密検査に向けて作業を行っていました。

▼まずは外部の様子です。外壁には、外断熱材キューワンボードの貼り付けが完了していました。

▼キューワンボードには隙間が出来ないように気密テープと呼ばれる強力なテープが貼られています。

▼隙間なくきれいに貼り付けられているか、阿部が入念に確認しています。

▼続いて内部の様子を見ていきたいと思います。1階部分です。
現場はいつも綺麗に整理整頓されていて、丸川大工の職人気質が伝わります。

▼2階部分です。

▼2階部分では古藤か気密処理を行っていました。
隙間ができそうな柱の間にこちらのウレタンを充填していきます。

▼少しでも隙間になりうる場所にウレタンを充填することにより、高気密の家が実現します。
細かいところではありますが、高性能な家づくりをするためのこだわりの部分です。

▼玄関部分です。阿部が「踏まないでください」の注意書きを記載していました
▼隙間ができやすい玄関部分にもしっかりウレタンが充填されていますね

この後、気密検査が行われ、下地作りへと進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください