福岡県早良区野芥01 注文住宅建築現場リポート⑦

こんにちは。リポート担当の有村です。11月5日(木)晴れ。本日は、外部ではサイディング貼り、内部では下地作りが行われている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外断熱材キューワンボードが貼り終わり、通気胴縁と呼ばれる部材が打たれています。

▼外装職人の坂本さんがサイディング貼りを行っていました。1枚ずつ丁寧にカットしていきます。

▼サイディング材はこのように金物で挟み込むようにして固定していきます。釘やビスを使用しないため、穴が開かずきれいに仕上がります。

▼1階部分です。

▼天井や壁の下地作りが進んでいました。この下地の上から石膏ボードが貼られていきます。

▼ユニットバス部分にはすでに石膏ボード貼りが完了していました。

▼サッシ部分のシャッターの施工も完了していました。

▼2階部分です。

▼棟梁の丸川大工です。こちら壁の下地作りを行っていました。細かくカットを行っていき、下地を取り付けていきます。

▼その後、省令準耐火仕様のお家となるため、天井上部分に石膏ボードを貼っていきます。天井上に石膏ボードを貼ることで、万が一火事になったとしても、燃え広がりにくくなるようになります。

▼換気ダクトも燃えにくい素材を使用しています。

この後、外ではサイディング貼りが進んでいき、内部では石膏ボード貼りがスタートします。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください