福岡市早良区曙01 注文住宅建築現場リポート⑤

福岡市早良区曙01 注文住宅建築現場リポート⑤

こんにちは!8月20日(火)曇り。福岡市早良区曙01の現場です。あの熱い暑い上棟から12日。どう変化したでしょうか。早速リポートしたいと思います。

▼本日の現場です。耐力面材張りが始まり、バルコニーや庇も施工され始めました。

▼中へ入ってみます。「こんにちは~おじゃまします」

▼筋交いができています。筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。棟梁丸川大工の手作業です。


▼窓の下地です。ボードで隠れてしまう部分ですが、美しいですね。

▼部所に応じた、金具なども取り付けられています。

▼2階から音がするので上で作業をされている様です。「お疲れ様です~」。2階も1階同様、筋交いが出来ています。

▼家本体から屋根を伸ばす為の下地の様子です。より丁寧な気密処理が求められます。

▼玄関上部のバルコニータイプの庇も施工されています。

▼棟梁丸川大工はバルコニーの下地を作成中でした。集中して作業に取り組まれています。忙しい中おじゃましました!

▼足場で上へ上がってみます。上棟では野地板張りまででしたが、その後、防水処理のルーフィング処理を行い、コロニアル葺きの屋根材が施工されています。

中間検査に向けて作業は進んでいます。それでは次回リポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください