• このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市早良区C 注文住宅建築現場リポート⑤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月15日(月)晴れ本日は気持ちの良い小春日和でしたね写真には運転中でしたので納められませんでしたが、池?の淵に沢山の鯉のぼりが吊るしてありました見事な光景でしたゴールデンウィークまであと半月程ですね~今年は天皇ご即位の年のため、祝日が重なり、世間では10連休だとか10連休もあるとどこも大変混むのでしょうね本日は早良区Cの現場からリポートをお伝えいたします

▼本日の現場です前回の上棟式から約10日と少し。耐力面材貼りが進んでいます屋根では瓦取り付けの作業が行われていましたこちらのお宅はコロニアル葺き屋根ですDSC_0340

▼こんにちは~お疲れ様です
DSC_0341

▼資材は下から専用の機械を使って上に上げていきます見上げた空が雲一つない快晴吸い込まれそうでした
DSC_0344

▼お家を支える大事な柱。その名も『やすら木』です

DSC_0351

▼棟梁の渡邊大工は資材のカット中ですこんにちは~お疲れ様です渡邊大工とても作業が速いので資材のカットしている所を写真に収めようとすると一瞬で終わってしまうので、しばらくカメラを構えたままシャッターチャンスを待ちます
DSC_0355

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、金物検査では現場監督がしっかり検査を行います。
DSC_0356

▼筋交い工事と金物取り付けが進んでいます斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
DSC_0357

▼大きな窓が搬入されていますバルコニーもとても広いので出来上がりが楽しみですね
DSC_0360

▼窓が入る前は今しか見れない部分です窓になる部分の上に『まぐさ』工事がわかりますまぐさとは窓や出入り口などの開口部のすぐ上に取り付けられた横架材の事です
DSC_0362

▼二階全体をパシャリ
DSC_0363

▼それでは玄関よりお邪魔しました
DSC_0366

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加