福岡市西区下山門01 リポート⑨ ~上棟式2~

catです。

一昨日の5月30日(金)に行われた、福岡市西区

下山門の上棟について、

食事後の模様をお伝えしますhappy01

▼電気配線・照明の位置を打ち合わせるために、

平山設計士がいま~すbleah

140530shimoyamato-joutou-kouhen1.jpg

▼大工さんが昼食後の休憩を取っている時間を活用して、

施主に2階を見ていただきます。

140530shimoyamato-joutou-kouhen1-2.jpg

▼お客さんにとって、この状態の2階を見る機会は、

多分この日だけしかありませんnote

140530shimoyamato-joutou-kouhen1-3.jpg

▼あっ、大工さん達が目を覚ましたよ

140530shimoyamato-joutou-kouhen1-4.jpg

▼午後のお仕事、再開ですhappy02

140530shimoyamato-joutou-kouhen1-5.jpg

▼奥さまも交えて、設計士との打ち合わせが始まりました。

140530shimoyamato-joutou-kouhen1-6.jpg

catも再び上へGOsign01

140530shimoyamato-joutou-kouhen2.jpg

▼垂木の先端に鼻隠しを取り付けているのは…

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-2.jpg

▼すすむ大工。

強烈な日差しsunに、午後からサングラスを着用する人、

続出ですbleah

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-3.jpg

▼午後の仕事のハイライト、屋根断熱材・キューワンボードの

設置が始まりましたshine

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-4.jpg

▼こちらは田口大工と篤朗大工。

板が真直ぐかどうかを確認し、

鼻隠しと端っこの垂木をビスで固定します。

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-5.jpg

▼土﨑親方と泊親方も、同様の作業を行っています。

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-6.jpg

▼ボード組と板組に分かれての作業ですねpunch

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-7.jpg

▼先ほどの位置に、今度は破風(はふ)を付けます。

140530shimoyamato-joutou-kouhen2-8.jpg

▼断熱材の上には、専用の気密テープを貼ります。

140530shimoyamato-joutou-kouhen3.jpg

▼晴天の時は、キューワンボードがレフ板と同じ

効果を生みます。

いつもは「男性モデルのようだニャ」とふざける

catですが、今日はcatにも照り返しが…shineshine

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-2.jpg

▼屋根断熱完成sign01

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-3.jpg

▼下からのぞくとこんな感じ。

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-4.jpg

▼そこへ胴縁が運ばれてきましたairplane

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-5.jpg

▼断熱材の上に通気を取るための胴縁を付け、

その上に合板を張り、さらに防水のためのアスファルトルーフィングを張って、

本日の屋根の作業は完了しますhappy01

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-6.jpg

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-7.jpg

▼棟木。

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-8.jpg

▼午後3時過ぎ。大工さんが休憩に入ったところで、

catはこの現場を後にしたのであります…

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-9.jpg


cuteさぁて、ここからは番外編ですsign01

いつもとは違う屋根の形状に、気づきましたかsign02

「とある部分」にポイントを絞り込んで、

画像をお見せしましょうnote

▼午前11時。

泊親方が木材を刻んでいます。

今まで見たことがない形状に、削っているのです。

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-1.jpg

▼「泊さんが何をしているか分かりますか?」と

田之上現場監督に聞かれました。

cat、分かりません。

おそらくこの削られた部分にかませるためだろう…それくらいしか想像できません。

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-4.jpg

▼やっぱりそうでした

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-6.jpg

▼棒の先端も、矢のような形状の窪みがあります。

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-7.jpg

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-8.jpg

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-9.jpg

▼上の写真の矢状の窪みの謎は、解明したよnote

その後の作業で垂木を付け、2枚の鼻隠しをほぼ90度の角度に

取り付けるその接する個所のための、窪みだったんだぁ

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-10.jpg

▼ここですsign01

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-11.jpg

▼泊親方がキューワンボードを適宜な角度にカットし…

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-12.jpg

▼土﨑親方が貼っていきます。

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-13.jpg

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-14.jpg

▼この家には、屋根がふたつある…そんなイメージです。

大きな切妻に小さな切妻がついたような。

140530shimoyamato-joutou-kouhen3-3.jpg

▼福岡工務店の事務所に戻ってから、

田之上現場監督に答えを教えてもらいました。

屋根と屋根の谷間のことを「谷」と言い、

そこに渡す木材なので、泊親方が刻んでいた木材は

「谷木」と呼ぶのだそうです。

    ↓ これはcatの虎の巻の1ページ。

      ちゃんと「谷」も載っていたのに、田之上現場監督の質問に

      回答できなかったよぉdown 悔しいニャアbearing

140530shimoyamato-joutou-kouhen4-0.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください