福岡市西区姪浜01 リポート⑥ ~上棟式1~

catで~す。

久しぶりにsunの本日、9月5日(金)、

福岡市西区姪浜の現場が上棟の日を迎えましたhappy01

▼朝7時前には大工さんはやってきます。

140905meinohama-joutou0.jpg

▼保護のためにかけていたブルーシートを取ると、

土台の真ん中に1階の柱と梁がデ~ンsign01

140905meinohama-joutou0-2.jpg

▼材料を上に運ぶ大切な“助っ人”、クレーン車が到着しましたpunch

140905meinohama-joutou0-3.jpg

▼材料を作業しやすい位置に移動します。

140905meinohama-joutou0-5.jpg

▼そうしているうちに、施主ご一家が到着up

140905meinohama-joutou0-4.jpg

▼建物が建つ四隅のお清めです。

棟梁を務める泊親方はお米で清めます。

140905meinohama-joutou1.jpg

▼田之上現場監督はお塩を置きます。

140905meinohama-joutou1-2.jpg

▼施主はお神酒でお清めをします。

140905meinohama-joutou1-3.jpg

▼工事の安全を祈って、乾杯happy02

140905meinohama-joutou1-4.jpg

140905meinohama-joutou1-5.jpg

▼さあ、工事がスタートしましたsign01

泊好樹大工とススム大工が運んでいるのは、四隅に建てる通し柱。

140905meinohama-joutou2.jpg

▼本日の通し柱の第一投ですhappy02

140905meinohama-joutou2-2.jpg

140905meinohama-joutou2-3.jpg

▼工事が始まってわずか5分後の様子。

140905meinohama-joutou2-4.jpg

▼大きな梁はクレーンで吊り上げますup

泊親方がその作業を行うところです。

140905meinohama-joutou2-5.jpg

▼クレーンの先端に着いた鉄製の釣り具で

j引き上げるのです。

140905meinohama-joutou2-5-2.jpg

▼クレーンが吊り上げたところで、すかさず脚立を持ち出して…

140905meinohama-joutou2-5-3.jpg

▼脚立に上り、梁を受け止めます。

140905meinohama-joutou2-5-4.jpg

▼土﨑親方は足場に上がって手伝います。

140905meinohama-joutou2-5-5.jpg

▼木製ハンマー(=掛け矢)を使って、

柱にはめ込みます。

吊り具は石橋大工が外します。

紐を引き下げると吊り具が梁から外れるのですhappy01

140905meinohama-joutou2-5-6.jpg

▼絶好の撮影スポットがあったため、

梁の大きさをお伝えできる画像が撮れましたlovely

140905meinohama-joutou2-6.jpg

▼大工さん達の様々な作業の様子を見ていきましょう

140905meinohama-joutou3.jpg

▼土﨑篤朗大工は梁と梁をつなげています。

凸凹は予め工場で[プレカット」されており、

キチンとはまれば「スッと」梁が沈み込みます。

140905meinohama-joutou3-2.jpg

▼梁は沈みますが、掛け矢で打ち込む必要はあります。

泊親子の競演ですnote

140905meinohama-joutou3-3.jpg

▼当然のことながら、梁は四辺を先につないでいきます。

140905meinohama-joutou3-4.jpg

▼土﨑親方(紺色のシャツ)が持ち上げる梁の右側に

白いヘルメットが見えますね。

泊親方です。ベテラン・泊親方の軽やかな動きに注目sign01

140905meinohama-joutou3-5.jpg

▼アッと言う間に足場に移動し…

140905meinohama-joutou3-5-2.jpg

▼掛け矢を打ち込みます。

140905meinohama-joutou3-5-3.jpg

▼ヒョイッと梁に上がります。

140905meinohama-joutou3-5-4.jpg

▼スルスル歩いて、ここでも打ち込みます。

140905meinohama-joutou3-5-5.jpg

▼そう、動いた先は、違う梁を柱に打ち込む作業。

前田大工と交互に打ち込みます。

140905meinohama-joutou3-5-6.jpg

▼ここでは田口大工とのコンビです。

梁は数本の柱にまたがっているので、下で柱を支える人が必要です。

ここではススム大工が行っています。

140905meinohama-joutou3-6.jpg

▼篤朗大工が上げているのは、

梁と梁をつなぐ横架材の「(頭)つなぎ」。

140905meinohama-joutou3-6-2.jpg

▼それを泊親方が受け取ります。

140905meinohama-joutou3-6-3.jpg

▼田口大工と一緒に、梁にはめ込みます。

140905meinohama-joutou3-6-4.jpg

▼架け矢で打ちます。

140905meinohama-joutou3-6-5.jpg

▼つなぎを“つなぐ”作業をみんなで行います。

140905meinohama-joutou4.jpg

140905meinohama-joutou4-2.jpg

▼この空間につなぎが入ります。

140905meinohama-joutou4-3.jpg

▼こうなります。

140905meinohama-joutou4-4.jpg

▼こちらは好樹大工。

材料はプレカットされていますが、凸凹が微妙に合わないことが、

現場では間々起こります。

140905meinohama-joutou4-5.jpg

▼ノミで削ることにより、

大工さんはその微妙な違いを解決するのです。

140905meinohama-joutou4-5-2.jpg

▼削った後、掛け矢で沈めます。

140905meinohama-joutou4-5-3.jpg

▼ホラッ、完ぺきsign01さすが、福岡工務店の大工さんですshine

140905meinohama-joutou4-5-4.jpg

▼つなぎが終ると、このように格子状になります。

金物でキュキュッと締めていきます。

140905meinohama-joutou4-6jpg.jpg

▼そのころ、1階では上棟恒例「建て入れ直し」が行われていました。

140905meinohama-joutou5.jpg

▼数本並んでいる柱の1本に、高田大工が下げ振りを取り付けます。

泊親方はその柱を(目に見えるわけではありませんが…)

真直ぐにする道具「屋起こし№1」を90度刻みでグイグイッと回します。

これによって、数本の柱が垂直に建つわけです。

140905meinohama-joutou5-2.jpg

▼下げ振りの針(と言うのかニャ?)が、左右にぶれず、

今ちょうど真下を示しています。

この状態になると「屋起こし№1」はもう回す必要がありません。

140905meinohama-joutou5-3.jpg

▼すかさず仮筋交い(柱に対して斜めにかけている木の棒)に

釘を打ちつけて、仮筋交いと柱を固定します。

140905meinohama-joutou5-4.jpg

▼下で建て入れ直しを行っている時、

上では並行して金物を電動で留める作業等が行われています。

140905meinohama-joutou5-5.jpg

▼アッ、上に床材が運ばれてきた

140905meinohama-joutou5-6.jpg

▼あわてて2階に上がるcat

1階での建て入れ直しが終わった高田大工も上がってきます

140905meinohama-joutou6.jpg

▼泊親方も上がってきます

140905meinohama-joutou6-2.jpg

▼泊親方は、田口大工と一緒に早速、金物を電動で締めていきます。

140905meinohama-joutou6-3.jpg

▼金物の締めが完了すると、床材を置いていきます。

140905meinohama-joutou6-4.jpg

▼田口大工は電動を使って、シュパン、シュパンッと釘打ちを行います。

140905meinohama-joutou6-5.jpg

▼床が張り終わると材料を置く場所ができるので、

すかさず2階用の柱と梁がクレーンを使って運ばれます。

140905meinohama-joutou6-6.jpg

140905meinohama-joutou6-6-2.jpg

▼材料をバラして所定の位置に運びます。

140905meinohama-joutou7.jpg

▼柱を建てていきます。

140905meinohama-joutou7-2.jpg

▼梁の設置はみんなで協力してsign01

140905meinohama-joutou7-3.jpg

140905meinohama-joutou7-3-2.jpg

140905meinohama-joutou7-3-3.jpg

140905meinohama-joutou7-3-4.jpg

140905meinohama-joutou7-3-6.jpg

140905meinohama-joutou7-3-7.jpg

▼隣の梁と接合します。

140905meinohama-joutou7-3-8.jpg

▼超ベテラン・石橋大工は軽やかな動きばかりか、腕力もスゴいhappy02

140905meinohama-joutou7-4.jpg

140905meinohama-joutou7-4-2.jpg

▼そして10時を20分ほど過ぎたところで休憩タイムですnote

140905meinohama-joutou8.jpg

▼施主ご一家も再び顔を見せてくれましたlovely

140905meinohama-joutou8-2.jpg

▼施主が差し入れてくださったお菓子と、キンキンに冷えた飲み物で、

しばしくつろぎのひとときですconfident

140905meinohama-joutou8-3.jpg

▼11時を回り、さあいよいよ上棟に向けてスパートですsign01

140905meinohama-joutou9.jpg

▼クレーンの石川さんも頑張るッpunch

140905meinohama-joutou9-2.jpg

▼木村現場監督は火打ち梁を上げています。

140905meinohama-joutou9-3.jpg

▼小屋町現場監督は火打ち梁を取り付けています。

140905meinohama-joutou9-4.jpg

▼金物の取り付けです。

140905meinohama-joutou9-5.jpg

▼運ばれてきたのは、母屋sign01

140905meinohama-joutou9-6.jpg

▼母屋を運びます。

140905meinohama-joutou9-6-2.jpg

▼そして母屋を支える小屋束sign01

140905meinohama-joutou9-6-3.jpg

▼小屋束取り付け第一号bleah

背の低い、かわいい小屋束ですlovely

140905meinohama-joutou9-6-4.jpg

▼ここでcatは約10分おでかけ。戻ってきたら、

こんなに進行していましたwink

140905meinohama-joutou9-7.jpg

▼高田大工が木材をカットhairsalonしています。

140905meinohama-joutou9-8.jpg

▼それをススム大工に渡します。

140905meinohama-joutou9-8-2.jpg

▼ススム大工は、高田大工から受け取った間柱を設置します。

140905meinohama-joutou9-8-3.jpg

▼ついに、上棟しましたsign01傾斜角度の少ない屋根ですnote

140905meinohama-joutou9-9.jpg

▼1階では施主のおもてなしの昼食会が始まりました。

140905meinohama-joutou10.jpg

▼施主から、心温まる言葉をいただきましたlovely

上棟、おめでとうございますsign03

140905meinohama-joutou10-2.jpg

3分で見られる上棟式動画公開中

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください