福岡市南区和田02 リポート⑩

本日、12月3日(土)は、福岡市南区和田2丁目の

建築現場で「気密検査」が行われます。

111203wada2gaikan.jpg

読者のみさなん、「気密検査」のこと、もうご存じ

ですよねhappy01

どれくらい気密性が高い家かを、機械で測定するのです。

「隙間の面積を、1平方メートル当たり5平方センチ以下に

しなさい」と国は高気密住宅の基準を定めています。

でも国際基準は0.7平方センチ以下。

高性能住宅を作ってきた福岡工務店は、もちろん国際

基準を重視しますsign01

前置きが長くなったねhappy02

ではその模様をお伝えしますsign01

▼この方は、樹脂窓のメーカー「エクセルシャノン」の方。

excelsan.jpg

▼いつも機密測定を行う「ISホーム」の方とともに、測定器の準備を行いますwink

naigaide_junnbi.jpg

▼一部窓を開けて検査を行うため、ビニールシートを張って密閉状態を

作ります。

sotode_sagyou.jpg

▼…と準備を進めている時に、施主到着note

sesyu_toujou.jpg

▼いよいよ検査が始まります。これがその機械。

大きなメガホンみたいなものから、室内の空気を外に出します。

隙間風が入る家の場合、空気を外に出しても、隙間から空気が入ってきます。

高気密の家は隙間がほとんどないので、室内の圧が下がります。

sokuteikio.jpg

▼測定のためにドアを閉めます。

start1.jpg

start2.jpg

start3.jpg

▼約5分後、結果が出ました。

数値は0.2平方センチ/平方メートル。

国際基準さえ軽くクリア。優秀な測定結果ですねsign03

kekka.jpg

▼これは、もう一度空気を抜く実験の写真。

通常はドアの開閉は簡単にできますが…

door_futuu1.jpg

door_futuu2.jpg

▼室内の空気を外に出すと、風速50メートルクラスの風が吹く

台風と同じような感覚にtyphoon

ドアが、ドアが開かない〰sadと施主ご夫妻。

door_kensago1.jpg

door_kensago2.jpg

▼機密測定値にも満足。電気工事の山中さんとの打ち合わせに入りましたhappy01

ではcatはこれにて失礼しますsign01

denki_utiawase.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください