福岡市南区長丘01 リポート⑪

catです。今日は3月29日(金)。

午前9時、福岡市南区長丘の現場にやってくると…。

▼屋根に人の姿を発見sign01

130329nagaoka1.jpg

▼そして屋根に向かって真っ直ぐに伸びる脚立sign01

そう、これはまさしく太陽光パネルの設置のためですsign03

130329nagaoka1-0.jpg

▼というわけでその様子を見せていただこうと、catは足場を使い、

上がりましたup

130329nagaoka2.jpg

▼この4人が職人さんたち。

1人がガイガーカウンターみたいなので、何かチェックしています。

130329nagaoka3.jpg

▼機械を横に移動させ、何かを探っているのです。

130329nagaoka4.jpg

▼探し当てた何かの位置をスケールで測ります。水平に横にずれながら、

この計測を繰り返します。

130329nagaoka4-2.jpg

▼計測して印を入れた個所に穴を開けます。

130329nagaoka4-3.jpg

▼機械のアップ。

「ウォールスキャナー」と書かれています。

インターネットで調べたところ、「鉄筋・非鉄金属などに対応できる、

穴あけ可能な位置を正確に探知する機械」でしたhappy02

130329nagaoka4-4.jpg

▼赤い糸で墨出し。

これは多分パネルの設置位置をしらせるもの。

130329nagaoka5.jpg

▼この白っぽい金属は、パネルを固定させるもの。

取り付ける位置に印をつけていきます。

130329nagaoka6.jpg

▼赤い印と白い印。

130329nagaoka6-2.jpg

▼器具を付ける時にビスを打ち込むから、その位置にあらかじめ

穴をあけています。…とcatの推測。

130329nagaoka6-3.jpg

130329nagaoka6-4.jpg

▼他の現場を回った後、午後3時。再び長丘に戻ってきたcatが目にしたのは、

ピカ~ッとshine輝く太陽光パネルsign01

130329nagaoka7.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください