福岡市南区20 注文住宅建築現場リポート⑨

こんにちは。リポート担当の有村です。10月19日(月)晴れ。本日は、足場が外され外観が見えるようになり、木工事完了まで残りわずかとなった様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。足場が解体され、建物の全景が見えるようになりました。

▼基礎巾木部分にはキソッシュが施工されてきれいに整えられています。

▼玄関部分にはタイル貼りの施工が進んでいます。

▼1階部分です。

▼和室部分です。こちらでは窓の取り付けや造作のカウンターの施工が完了していました。

▼階段部分です。階段の施工が完了し、手すり部分には笠木の取り付けが完了しています。

▼棟梁の野中大工が残りの石膏ボードの施工を行っていました。採寸、カット、取り付け、ミリ単位での施工となりますが、何食わぬ顔でこなしていく姿はさすが熟練の大工職人。

▼品質管理課の山中が石膏ボードがきっちり既定のピッチで留められているか確認にきていました。クロスを貼ってしまえば見えなくなってしまう部分ですが、福岡工務店ではきっちりチェックを行っていくので安心していただけます。

この後、2階吹き抜け部分の木格子の施工、建具取り付けと進んで木工事完了となります。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください