福岡市南区19 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。9月29日(火)晴れ。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外断熱材キューワンボード貼りが完了しており、気密テープの施工が行われていました。

▼1階部分です。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼棟梁の泊大工です。石膏ボードのカットを行っていました。

▼省令準耐火仕様となっているため、天井裏部分に先ほどカットした石膏ボードを取り付けていきます。このボードを施すことで耐火性能が上がります。

▼2階部分です。

▼2階では応援に駆け付けている高田大工が天井の下地作りを行っていました。

▼こちらはなかなか見ることのない床下部分です。メンテナンスしやすいように高さがとられています。とはいえ床下に潜るのは少し怖いですね!

この後、天井や壁部分の下地作りが行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください