福岡市南区18 注文住宅建築現場リポート③

こんにちは。2月3日(月)晴れ。本日は、基礎工事の配筋検査の様子を見ていきましょう。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。型枠が取り付けられており、深基礎の部分がよく分かりますね。

▼深基礎を登っていくと鉄筋の取り付けが完了していました。

▼下に敷いてあるグレーのシートは「ターミダンシート」と呼ばれるものです。
防湿・防蟻の大事な役割を果たし、人体への安全性が高く、環境にも優しいという優れものです。

▼鉄筋の下に置いてある白いブロックは、サイコロスペーサーと呼ばれるものです。
コンクリートのかぶりを確保する役割があります。

▼給排水工事の正野さんが配管の取り付けを行っていました。
慣れた手つきで配管をカットしていき、コンクリートに穴を開け、配管を取り付けていきます。

▼品質管理の木村が配筋検査を行っていました。
図面を確認しながら配筋の組み方や寸法が適切になっているか検査を行います。
訂正箇所にはテープでチェックし是正していきます。

是正後、生コンクリートを流し込み、土台敷きと上棟式に向けて作業が進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください