福岡市南区17 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。2月22日(土)晴れ。本日は、午前中は少し雨が降っていましたが、無事雨も上がり外壁の作業を行うことが出来ました。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼外側ではキューワンボード貼りが完了しており、その上から外装職人が通気胴縁を取り付けています。

▼サイディング材の搬入が完了していました。外装職人が1枚1枚採寸通りにその場でカットしていきます。
職人の真剣な眼差し、いつ見てもかっこいいですよね。

▼カットしたサイディング材を専用の金具で留めていきます。
このように内側ではめ込んでいくことで、表面にビスの跡がつかずきれいに仕上がるんです。

▼1階部分です。

▼天井と壁の下地作りが完了していました。綺麗な碁盤目状になっています。丁寧な施工が成しえる職人の技ですね。

▼2階部分です。こちらも天井と壁の下地作りが完了していました。この下地の上から石膏ボードが貼られていきます。

▼下を見てみると、床材張りが進んでいました。貼られた床材の上から養生ボードが丁寧に取り付けられており、傷や汚れから守られています。

▼棟梁永留大工がバルコニー部分の軒天の取り付けを行っていました。
丁寧にカットしていき、ガンで打ち込んでいきます。

この後、内側では床材貼り、石膏ボード貼りと続き、外側では引き続きサイディング貼りが行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください