福岡市南区16 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは

6月7日(金)曇り。前日、夜からの嵐のような天気で心配しましたが、雨も上がり、現場は順調に工事が進んでいます

 

▼本日の現場です雨養生のためブルーシートで覆っています。見えづらいですが、耐力面材が貼られ、家のおおまかな外観が分かるようになっていました
190607南区O_0016-min

▼「こんにちは~おじゃまします」棟梁の丸川大工は耐力面材をカット、取り付けをしています
190607南区O_0010-min
190607南区O_0009-min
190607南区O_0011-min

▼本日は、来週の中間検査に向けての社内での事前確認を行います。現場監督の古藤と品質管理の木村による二重チェックをします
190607南区O_0004-min

▼現場監督の古藤が、金物等のゆるみがないか、ひとつひとつチェックしていきます。
190607南区O_0005-min
190607南区O_0003-min

▼チェックし終わった金物には、赤ペンでマークし印をつけていきます
190607南区O_0006-min

▼設計図面を見ながら、木村が確認して回ります。公的機関の中間検査以上に念入りな検査を福岡工務店ではおこなっています。
190607南区O_0013-min

▼あるべきところに、必要な部所に指定された金物が正しい施工で取り付けられているかを確認します。
190607南区O_0007-min

▼耐力壁となる部分の面材の釘打ちピッチ(間隔)も確認求められる耐力に対して、適切なピッチで、適切な釘が打たれているかも検査の対象となります。耐力面材「あんしん」についての詳しい説明は「こちら」クリックしてみてくださいね
190607南区O_0015-min

それでは次回のリポートもお楽しみに

 

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください