福岡市南区花畑02 注文住宅建築現場リポート②

6月30日(木)曇り雨上がりの本日蒸し暑くなりそうです5月21日の地鎮祭より1ヶ月10日の福岡市南区花畑の現場です。これから、完成までリポートさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します

▼本日の現場です只今、基礎工事中のようですが、朝早かったので誰の姿も見えませんパワーショベルだけが待っていました
01

▼中に入ってみると、廻りに施されている木「やり方」が設置され、盛り上がっている土は、砕石工事中です「やり方」は、土地に対する建物位置、基礎の高さ(レベル)を示すものです砕石工事は、掘削工事完了後、基礎内部に7~15センチ位砕石を敷き込み、基礎が沈まないよう十分にプレート及びランマーで転圧を行い、住宅基礎に必要な地耐力を出します
02

▼よくみると、やり方に▲GL+550の印を発見高さ基準の指示になる大事な印です福岡工務店では、やり方は現場監督が施工していますこれから入る基礎工事何よりも安心して工事が進むようにと他社にはない現場監督によるやり方施工です
03

▼建物敷地の外には、これから施工予定の型枠も準備中です
05

▼準備中型枠のそばにブルーシートがちょっとだけめくると、配筋棒が養生されていました梅雨時期の配慮なんですね
06

▼玄関の真裏方から撮影新築の住宅が立ち並ぶお洒落な住宅街になりそうですね
08

それでは、次回のレポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください