福岡市南区五十川03 注文住宅建築現場リポート⑧

2月7日(雨)朝からのシトシト雨は、田畑の植物やお野菜の恵みの雨になりますね福岡市南区五十川Cの現場です到着した時はちょうど朝休憩の時間でした棟梁の山﨑大工と電気工事の松尾さん近藤さんの話しに私も入らせて頂き、楽しい時間を過ごしました現場が和気あいあいしているのは、とても居心地がいいです

▼本日の現場です無事気密検査が終わり、電気工事がスタートしています
20190207 (1)-min

▼それでは、中へ天井の下地と床張りが終わっていますそして、給排水管工事(グレイ色ダクト・水色給排水管)も進んでいます
20190207 (2)-min

▼山﨑大工は、壁の通気胴縁を取り付けています
20190207 (3)-min

▼本日は2階から床張りと天井の下地が進んでいます碁盤模様の天井は、日本住宅ならではの木工事
20190207 (4)-min

▼2階トイレの給排水管も分かるようになりました
20190207 (5)-min

▼トイレ横には、「火打梁」が付きました小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなりますでパシャリ
20190207 (7)-min

▼バルコニーの防水工事も進み窓も入りました
20190207 (6)-min

▼それでは、1階へおります電気工事の真っ最中です
20190207 (9)-min

▼近藤さんは、電話回線を取り付けています
20190207 (8)-min

▼松尾さんは、24時間換気システムを取り付けています
20190207 (10)-min

▼現場監督古藤による色々な指示だしテープです福岡工務店では、このように現場作業がスムーズにいくように、積極的に現場サポートをしています
20190207 (12)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください