福岡市東区02 注文住宅建築現場リポート②

3月9日(木)晴れ愛車のタント(社用車)で移動中、強風のため車のハンドルをとられることが多々あり、緊張感ととスリル感満載の運転となりました
1月21日の地鎮祭より1ヶ月と2週間ぶりの福岡市東区の現場です

▼こちらは先週の地盤改良工事の様子ですくい打ち作業スタート

▼+印に左の杭を打ちます

▼本日の現場ですキャスターゲートが閉まっていますが、基礎工事が進んでいます

▼それでは、中に入ります「失礼します

▼おやっブルーシートで何か養生中です

▼よく見ると、伝言付きでパフォームガードを保管中です型枠工事の時使用します

▼捨コン前の砕石工事と防湿フィルム張りが終わっていますこの後、捨コン工事と進みます

▼廻りにある木枠は「やり方」です工事を着手する前に、建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なものです。福岡工務店では、やり方は現場監督が施工していますこれから入る基礎工事!何よりも安心して工事が進むようにと!他社にはない現場監督によるやり方施工です詳しくは、福岡工務店だより12月号の「施工・工事の話…元現場監督樋渡伸弘の家づくり教室」をご参考に福岡工務店だよりをご希望の方は、ご遠慮なく弊社までお問い合わせください

▼やり方に▲GL+500の印が記入されています基礎工事には欠かせない、高さ基準の指示になる大事な印です

▼更にズームアップしますこのターミダンシートは、防湿・防蟻の大事な役割を果たします人体への安全性が高く環境にも優しいですよ生コンクリート打ち前なので、見られるのは今だけです

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/