福岡市東区01 リポート④ ~上棟式~

catで~す。

最近すっきりしないお天気が続きましたが、

今日はsunマークが出たよup

本日、2月19日(水)、福岡市東区の建築現場が

上棟の日を迎えましたhappy01

▼クレーン車が到着。

▼迎える大工さん達happy02

▼施主ご一家も到着heart02

長女のゆづきちゃんは今日が何の日か分かってるんだってlovely

次女のまひろちゃんは「着いたよsign01」と起こされ、実はまだ半分夢の中状態bleah

▼大切な行事、四隅のお清めです。

棟梁の泊好樹大工がお塩で清めます。

▼樋渡現場監督がお米で清めます。

▼そして施主はお神酒で清めます。

▼工事の安全を祈って、全員で乾杯します。

▼さあ、上棟に向けて、仕事のスタートだッsign01

▼2階まで届く“通し柱”の、1本目punch

▼柱が次々に立っていきます。

▼梁の取り付け第1号sign01

▼梁を支える柱は、何本にもまたがるため、

上と下に複数の大工さんが集まって、力を合せるのです。

▼木には、このように切り込みが入っています。

▼こちらは凸。切り込み=凹と、この凸をかませるのですwink

▼さて、上棟恒例の「建て入れ直し」が始まりましたbleah

棟梁の好樹大工と、高田大工のコンビ。

▼以前はチェーンが付いた赤い鉄製の道具を使って柱を真直ぐに

していましたが、今回は新しい道具が登場note

高田大工が手にしているのがそれ。

好樹大工が“さげ振り”の目盛りを見ながら、

「まだまだ」とか「もう少し」とか言います。

それに応じて、高田大工がこの棒を90度、前や後ろに回すのです。

▼ほどよいところで、仮筋交いを釘打ちして、

柱を真直ぐに固定させます。

この新しい道具があれば、今まで3人で行っていた

建て入れ直しが2人でできちゃうhappy02

▼さげ振りの目盛りを見ているところ。

cat、遂に「さげ振りとは何ぞやsign02」という

長年の疑問を解決したゾッsign01

こんなに近くで見るのは初めてです。

ネッ、上に目盛りがついてるでしょeye

▼2人で仮筋交いに釘打ちrock

▼そのころ、上では金物の取り付けが始まりました。

手で締め…

▼電動でガガガッと固定します。

▼クレーンが吊り上げているのはニャンだろう…

▼2階に到着sign01

▼2階の床ですね。

▼ドンドン」張られていくよhappy01

▼しかし…。床が張り終わると、下から見上げているcatは、

もう上の様子を知ることができなくなります。

そこで何とか這い上がって…

▼1つ上の足場にたどり着くと、こんなになってましたwink

▼小さな箱をヒョイっと上段の足場に上げる渡邊大工。

▼まるで空箱のように見えますが、

重いです、コレcoldsweats02

▼野中大工の「ヒョイッ!」も…

▼実は大変に力が必要ですwobbly

▼さてさて、到着したのは2階用の梁。

▼荷をほどき、急いで所定の位置に運びます。

▼なぜなら、すぐに柱が到着したから。

▼柱をグイグイと揺らして立てていきます。

▼四角にカットした穴に差し込むのです。

▼1階同様、梁の取り付けは力を合わせて行います。

▼偶然、バレエダンサーのような優雅なポーズになりましたが…。

片手で持ちあげているのは重い重い梁coldsweats02

▼木製のハンマーを梁に打ちおろし、柱にきちんと入ると…

▼役割を終え、次の梁に向かいます。

▼土﨑篤朗大工の一連の動作も、

ものすごい力が必要なのです。

▼だから使える場所では“さすまた”という

便利な道具を使用します。

▼これがさすまた。

▼多くの大工さんが小屋束と母屋にかかっている時、

異なる作業を行っている3人。

▼田口大工は木片をカット。

▼好樹大工も脚立の上でバランスよく作業。

▼高田大工がサイズを測って作っているのは…

▼柱や梁の出っ張りに合せて、

ボードを色んな形に切っているのです。

▼田口大工がカットしていた木片は、

小屋束と小屋束の間の、間柱でした。

▼この作業にかかるということは、

そうですsign01棟木が上がった、つまり「上棟なった」のですhappy01

▼ホラッ、上棟していますbleah

▼施主のおもてなしの食事会が始まりました。

▼大工さんとクレーン屋さん。

▼施主から心温まる言葉をいただきましたconfident

▼遠方から駆けつけてくれたおじいさまが一緒なので、

ゆずきちゃんは楽しそうbleah

▼まひろちゃんは、おばあさまの隣でうれしそうlovely

▼これが上棟した屋根。きれいだにゃnote

▼約1時間の休憩時間が終わり、午後の仕事再開sign01

屋根の断熱材を上げます。

▼断熱材が張られていきます。

▼田口さんの壁も進んでますup

▼断熱材の張りつけは、ほぼ完了note

▼長い木がたくさん見えます。

これは断熱材・キューワンボードの上に張る胴縁です。

▼きれいに、丁寧に気密テープを張っているところ。

▼胴縁にビスを打っている、篤朗大工。

cute本日は、上棟、おめでとうございますnote

これからもcat、頑張って現場リポートをいたしますhappy01

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください