福岡県福岡市東区青葉01 注文住宅建築現場リポート②〜基礎工事・根切り〜

こんにちは。リポート担当の有村です。5月31日(月)晴れ。本日は、地鎮祭後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。基礎工事の根切りまで完了している様子です。

▼敷地の周りにぐるっと取り付けられている板は遣り方といいます。遣り方とは、工事を着手する前に、建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、これから進む建築において非常に重要な基準となるものです。

▼こちら書かれている印は、50㎜の基礎断熱材、150㎜の基礎コンクリートの厚みという印です。90㎜と60㎜の間に稲妻マークが書かれていますが、ここが基礎の芯になるという印になっています。

▼こちらに書かれている「▲GL+550」とは、ここが設計GL(グランドライン)で、仕上がり予定地面から+550ミリの高さになるという意味の印です。

▼先ほどの遣り方をもとに基礎が作られる部分が掘られているのがわかります。これを「根切り」といいます。基礎は地盤の下に作られるために掘る必要があります。

▼このままだと表面がぼこぼこしているため、砕石を敷き詰め、転圧していきます。この量の砕石をこれから敷き詰めていきます。

▼こちらにはすでに次の工程で使用される配筋や型枠の準備が完了していました。

この後、どんどん基礎工事が進んでいき、捨てコン打設が行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください