福岡市博多区空港前01 リポート⑤ ~上棟式~

catです。

今日は7月9日(火)。

梅雨が明け、カラリと晴れ上がった本日、

福岡市博多区空港前A号が上棟の日を迎えましたhappy01

▼大工さん達が次々にやってきます。

▼施主の到着happy02

▼まずはお清めです。

▼樋渡現場監督が塩を、泊好樹棟梁がお米を、そして施主がお酒をまいて

清めるのです。

▼お神酒で乾杯sign01今日の工事の安全を祈ります。

▼これが第一投sign01

▼長い通し柱を建てるときは、相撲の稽古の“てっぽう”の要領で、

前に前に進んでいきますbleah

▼柱を建てるときは、皆なぜか黙々と…です。

▼脚立を持ってきます。

梁を取り付けるためです。

▼梁の第1号happy01

▼太い梁は、クレーンで吊り上げます。

▼梁を数本の柱にはめ込むには、かなり難しい作業のように、

catには見えます。

1人ではできません。柱を下から支える人、

柱を横からグッと梁に抑え込む人などがいてできること。

▼チームワークがなせる技…ということですねbleah

そのチームいワーク力を見ていきましょうsign01

▼施主一家がその様子を見つめます。

▼1階では建て入れ直しが始まりました。

▼今日のメンバーは、棟梁の好樹大工、お父さんの泊親方、

そして高田大工ですbleah

“さげふり”を使って柱が真っ直ぐに建っているかをチェック。

ほどよい位置になった時に、仮筋交いを釘で固定します。

▼上では2階の床の取り付けが。

▼ある程度の枚数を張ってスペースを作り、

クレーンで運ばれてくる床材の第2弾を置く…という流れです。

▼今日は大工さんの人口密度が高いsign01

▼だからという訳ではないのですが、このブルーの道具が今日は絶必sign01

▼そう、水筒です。たくさん水分補給をしましょうpunch

▼あっという間に床張り完了sign01

作業がスタートしてから約1時間でしたlovely

▼次に2階の柱を建てます。

▼大工さん10人で行うため、早い早いhappy02

▼梁の第1号happy01

▼そしてここでもチームワーク力のすごさを、catは目の当たりにしたよ。

▼午前10時10分。休憩に入りました。

▼約20分後、再開。これからは棟木の取り付けに向かって

一気に進みますwink

▼仮筋交いの“仮”取り付け。

▼建て入れ直しを行い、その仮筋交いを釘で固定していきます。

▼三角形の一辺のような、斜めに入った木材は火打ち梁と言います。

▼金物の取り付けも終わり、次は床。

小屋裏の床ですhappy01

▼母屋が運ばれてきました。

▼母屋の前に、小屋束を建てます。

▼小屋束と小屋束の間に取り付けられた母屋第1号sign01

▼母屋がすべて設置されるとかすがいで留めていきます。

▼2人が付けている金物が、かすがい。

▼そのころ棟梁は、2階で木材をカットしています。

▼窓台を作っていたのですね。

▼午前11時45分。

広角レンズを車に取りに行ったcatが戻ってくると、もうこんなに進んでいましたhappy01

▼小屋束と小屋束の距離を測って、垂直に建っているかを見ます。

▼そして仮筋交いで固定します。

▼こちらは垂木の取り付け。

▼垂木がほぼ完了した段階で、午前中の仕事を終えましたsign01

▼現場監督の司会により、施主のおもてなしの昼食会が始まりました。

▼棟梁の紹介bleah

▼施主のご挨拶。

「1人ひとりが別の行動をとっているのに、一気にここまでできるなんて、

すごいですね」と感動の言葉を述べてくださいましたnote

▼さあ、おいしいご飯を食べましょうsign01

▼いおりちゃんはニンジンをパクリlovely

いい子ですねえchick

▼野口設計士につきそってもらう、いおりちゃん。

「行ってらっしゃ~いup」と手を振るその上にいるのは…

▼2階を探検中の施主ご夫妻と、お父様。

▼さらに上へup

高い所は平気よsign01と奥さま。

▼約1時間の休憩後、大工さん達は再び屋根へsign01

▼屋根の断熱材が運ばれてきました。

▼断熱材によりレフ板状態sign01

▼敏感肌の田口大工は完全防備で日焼けからお肌を守りつつ、

断熱材を釘で丁寧にとめていきます。

▼渡邉大工は、こんなに傾斜のある場所で断熱材をカットhairsalon

▼気密テープを使い、断熱材と断熱材が接する個所を隙間なくとめます。

▼壁を張るのは、棟梁の仕事。

久しぶりに、親子のツーショットですheart02

▼断熱材の上に付けているのは、通気胴縁。

▼胴縁の上に屋根の合板を張り、大工さんの仕事が終わりました。

▼屋根屋さんがルーフィングを張って、本日の建前は

すべて完了しましたsign01

▼最後に施主のお母様が用意してくださったフルーツ(すべてを食べやすい

ようにとカットしてくださったのですsign01)をいただきました。

喉を潤してくれました。すごくおいしかったですcherryありがとうございましたhappy01

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください