福岡県大野城市03 注文住宅建築現場リポート④

こんにちは。リポート担当の有村です。7月17日(金)晴れ。本日は、上棟後、どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼耐力面材あんしんが貼り終わっていました。
この耐力面材の上から外断熱材キューワンボードを貼っていきます。

▼玄関部分では、すでにキューワンボードが貼られていました。
ここから外側全体にキューワンボードが貼られていきます。

▼1階部分です。

▼サッシの取り付けが完了しています。
エクセルシャノン製の樹脂サッシを標準で採用しています。

▼柱を見てみると様々な金物が取り付けられています。
指定の位置に指定の金物を適切な方法で取り付けられているか、社内検査と中間検査で確認が行われています。

▼この斜めの部材は筋交いと呼ばれます。
筋交いは家の柱が横方向に傾くのを防ぐ、重要な柱となっています。

▼2階部分です。

▼棟梁の永留大工です。何やら木材を丁寧にカットしています。

▼先ほどカットした木材を軒部分に取り付けていきます。
どうやら軒部分の下地の施工を行っていたようです。

この後、気密検査に向けキューワンボード貼りが進められていきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

◀次の記事へ 前の記事へ▶

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください