小郡市A 一覧

福岡県小郡市A 注文住宅現場リポート⑦

こんにちは7月5日(金)曇り福岡県小郡市Aの現場です九州地方は、梅雨に入りましたが、工事は順調に進んでいます

▼本日の現場ですネットで見えにくいですが、外壁サイディングが施工されています。西側の1階部分だけ茶のサイディングがアクセントになっています
190705小郡市A_0043-min
190705小郡市A_0057-min

▼足場で上がってみます一番上からパシャリ
190705小郡市A_0008-min

▼バルコニーです。サッシが入りました。バルコニーからの、排水管は樋の接続待ち中。ビニールで養生されています190705小郡市A_0005-min
190705小郡市A_0017-min

▼換気用ダクトにはカバーが付き、窓も取り付けられました。コーキング処理も施してあります
190705小郡市A_0006-min
190705小郡市A_0010-min
190705小郡市A_0016-min

▼破風は塗装待ち中でした
190705小郡市A_0009-min
190705小郡市A_0012-min

▼「土台水切り」の工事も終了「土台水切り」とは、外壁から伝わった雨が基礎に侵入しないよう外壁の一番下に取り付けてある、伝い落ちる雨水を外へ誘導する部材です
190705小郡市A_0002-min

▼早速中へ「こんにちは~おじゃまします
190705小郡市A_0001-min

▼玄関の上がり框(かまち)が取り付けられています。
190705小郡市A_0042-min

▼玄関ホールの壁の下地です。美しい大工職人技が光りますね
190705小郡市A_0049-min

▼主寝室よりパシャリ。下地作りは終わりが見えてきました
190705小郡市A_0047-min

▼石膏ボードを張れば隠れてしまいますが、天井下地も美しいですね。発泡ウレタンも施してあります190705小郡市A_0053-min

▼「お疲れ様です~」一階では、電気配線工事担当の松尾電機さんが入っていました。
190705小郡市A_0040-min
190705小郡市A_0048-min

▼24時間換気システム用ダクトが入りました各部屋へと伸びています
190705小郡市A_0019-min
190705小郡市A_0026-min

▼2階のトイレの排水管も整いました
190705小郡市A_0022-min

▼2階へ上がってみます天井と吹き抜けの壁に石膏ボードが張られています
190705小郡市A_0030-min
190705小郡市A_0039-min

▼養生されていますが、フローリングも敷かれていました
190705小郡市A_0036-min

▼更に上へ小屋裏へ行ってみます。広いです~まだこれからの施工ですね外断熱のキューワンボードの効果でしょうか小屋裏でも涼しく感じました190705小郡市A_0037-min
190705小郡市A_0038-min

更にこれから、家内部に石膏ボードが張られ、部屋の形がわかるようになってきます。それでは、次回リポートをお楽しみに

福岡県小郡市A 注文住宅現場リポート⑥~気密処理~

こんにちは6月19日(水)晴れ福岡県小郡市Aの現場です梅雨入り前ですが、夏のような陽気です。工事は順調に進んでいます

▼本日の現場ですキューワンボード(断熱材)が張られています。銀色に輝きを放っています
190619小郡市A_0031-min

▼こんにちは〜お疲れ様です!中では棟梁の山﨑大工が主寝室の下地を制作中でした脚立の上に柱、板を乗せ、作業しやすい仕様に
190619小郡市A_0045-min
190619小郡市A_0027-min

▼採寸し、その場でカット石膏ボード張りへと進んでいます
190619小郡市A_0047-min
190619小郡市A_0046-min
190619小郡市A_0049-min

▼一方、現場監督の古藤と品質管理の木村は、気密処理をしています隙間という隙間に発泡ウレタンを施します
190619小郡市A_0001-min
190619小郡市A_0042-min
190619小郡市A_0034-min

▼小屋裏に上がり、施工しています
190619小郡市A_0003-min

▼バルコニーも事細かにチェック隙間という隙間を、発泡ウレタン、気密テープで埋めていきます
190619小郡市A_0022-min
190619小郡市A_0044-min

▼柱とキューワンボード(断熱材)の隙間も気密テープで塞ぎます
190619小郡市A_0037-min
190619小郡市A_0039-min
190619小郡市A_0040-min

▼気密テープを貼った上から発砲ウレタンを施工し、二重にガード
190619小郡市A_0043-min

▼浮き上がったテープも見逃しません
190619小郡市A_0019-min
190619小郡市A_0020-min
190619小郡市A_0021-min

▼気密値0.1台を出すには、このような地道な作業が重要で、福岡工務店では大工、現場監督一丸となり、丁寧に施工しています
190619小郡市A_0041-min
190619小郡市A_0033-min

気密処理は、半日ががりになります現場監督は、施工の漏れがないよう、常に気を掛けていますそれでは次回のリポートをお楽しみに

福岡県小郡市A 注文住宅現場リポート⑤~中間検査前のチェック~

こんにちは

6月10日(月)曇り。比較的涼しい日です。前回の上棟式から約10日。順調に工事は進んでいます

 

▼本日の現場です耐力面材が貼られ、家の外観が分かるようになってきました
20190610小郡市A_0032-min

▼「こんにちは~おじゃまします」一階もだいぶ形が見えてきました。棟梁の山﨑大工は「鋼製火打梁」の取り付けの最中でした「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20190610小郡市A_0002-min
20190610小郡市A_0005-min

▼取り付ける位置によって、木の火打と鋼製火打ちが取り付けられます
20190610小郡市A_0007-min

▼本日は、明日の中間検査に向けての社内での事前確認を行います。現場監督の古藤と品質管理の木村で二重チェックをします金物等のゆるみがないか、ひとつひとつチェックしていきます。
20190610小郡市A_0014-min

▼チェックし終わった金物には、赤ペンでマークし印がついています
20190610小郡市A_0003-min

▼設計図面を見ながら、木村が確認して回ります。公的機関の中間検査以上に念入りな検査を福岡工務店ではおこなっています
20190610小郡市A_0022-min
20190610小郡市A_0009-min

▼あるべきところに、必要な部所に指定された金物が正しい施工で取り付けられているかを確認します
20190610小郡市A_0015-min
20190610小郡市A_0004-min

▼二階へ上がってみましょう。耐力面材が貼られ、窓の形が見えてきました
20190610小郡市A_0012-min

▼バルコニーの形も分かるようになってきました
20190610小郡市A_0013-min

▼耐力壁となる部分の面材の釘打ちピッチ(間隔)も確認求められる耐力に対して、適切なピッチで、適切な釘が打たれているかも検査の対象となります。
20190610小郡市A_0018-min
20190610小郡市A_0019-min

▼コロニアル拭き屋根も張られました
20190610小郡市A_0026-min

▼屋根の仕上がりや割れなどをチェックをしています
20190610小郡市A_0027-min

▼一方、棟梁の山﨑大工は間柱の造作へ。耐力面材が貼られ隠れてしまうところですが、丁寧なお仕事。職人の技ですね
20190610小郡市A_0031-min
20190610小郡市A_0029-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに

1 2 3