福岡県小郡市01 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは6月19日(水)晴れ福岡県小郡市Aの現場です梅雨入り前ですが、夏のような陽気です。工事は順調に進んでいます

▼本日の現場ですキューワンボード(断熱材)が張られています。銀色に輝きを放っています
190619小郡市A_0031-min

▼こんにちは〜お疲れ様です!中では棟梁の山﨑大工が主寝室の下地を制作中でした脚立の上に柱、板を乗せ、作業しやすい仕様に
190619小郡市A_0045-min
190619小郡市A_0027-min

▼採寸し、その場でカット石膏ボード張りへと進んでいます
190619小郡市A_0047-min
190619小郡市A_0046-min
190619小郡市A_0049-min

▼一方、現場監督の古藤と品質管理の木村は、気密処理をしています隙間という隙間に発泡ウレタンを施します
190619小郡市A_0001-min
190619小郡市A_0042-min
190619小郡市A_0034-min

▼小屋裏に上がり、施工しています
190619小郡市A_0003-min

▼バルコニーも事細かにチェック隙間という隙間を、発泡ウレタン、気密テープで埋めていきます
190619小郡市A_0022-min
190619小郡市A_0044-min

▼柱とキューワンボード(断熱材)の隙間も気密テープで塞ぎます
190619小郡市A_0037-min
190619小郡市A_0039-min
190619小郡市A_0040-min

▼気密テープを貼った上から発砲ウレタンを施工し、二重にガード
190619小郡市A_0043-min

▼浮き上がったテープも見逃しません
190619小郡市A_0019-min
190619小郡市A_0020-min
190619小郡市A_0021-min

▼気密値0.1台を出すには、このような地道な作業が重要で、福岡工務店では大工、現場監督一丸となり、丁寧に施工しています
190619小郡市A_0041-min
190619小郡市A_0033-min

気密処理は、半日ががりになります現場監督は、施工の漏れがないよう、常に気を掛けていますそれでは次回のリポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください