福岡県古賀市03 注文住宅建築現場リポート⑤

こんにちは。12月3日(月)曇り。もう12月になり寒さが本格化してきましたね。そんな中、施工途中のお家の中に入っても暖かいんです!しっかり気密がとれてる証ですね!
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。サイディング材貼りが進んでいるのが分かりますね。

▼サイディング材は、この通気胴縁と呼ばれる木材の上から設置していきます。
下の緑色の金具にサイディング材をはめ込んでいくことにより、釘を打ち込むことなく取り付けることが出来るので綺麗な見た目に仕上がります。

▼換気口部分は綺麗にカットされています。

▼中に入ると壁と天井の下地が完成していました。

▼碁盤目のように綺麗に作られていますね。

▼床材張りも完了しています。綺麗に養生されています。

▼ユニットバスも取り付けられていました。

▼土﨑父大工が建具枠の取り付けを行っていました。
細かい調整を行い、ピッタリ取り付けています。

▼作業の節目ごとに箒で掃除をして常にきれいな現場を保っています。

▼棟梁土崎大工はユニットバスの枠取付を行っています。
採寸を行い、木材をカットし取り付ける。この1連の流れがいつもスムーズに行われていて職人技は見てて飽きません。

この後、内部では、建具枠取付、石膏ボード張り、外部ではサイディング材貼り、コーキング作業と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください