福岡県糟屋郡須恵町02 現場リポート① ~地鎮祭~

こんにちは~

今日は糟屋郡須恵町の現場にやってきました

本日10月12日、この地で地鎮祭が執り行われました。

少し肌寒い季節となり、前日の天気予報では雨が心配されていましたが、

何とか持ちこたえて、めでたく地鎮祭を迎えることができました

▼現場に到着すると、すでにご主人様が到着されていて、打ち合わせが行われていました
DSC_0471

▼ご家族の皆様も到着して、神官さんから説明を受けた後、いよいよ地鎮祭スタートですDSC_0477

▼まずは神官さんにお祓いをしてもらいます。
DSC_0485

▼お祓いが終わると、続いて「祝詞奉上」です。
DSC_0492

▼続いて「地鎮の儀」に移ります。
まずは「四方払いの儀」で敷地の四方をお清めします。

DSC_0499

▼まずは神官さんがお祓いをします。
DSC_0502

▼ご主人がお神酒でお清めします。
DSC_0512

▼最後に奥様がお塩でお清めして「四方払いの儀」は終了です。
DSC_0515

▼残ったお塩はご親族皆様で敷地のお清めをしましたDSC_0527

▼テントに戻った後は、「地鎮の儀」

最初はご主人による「刈初の儀」

『草を刈り取る』という意味が込められているそうですDSC_0530

▼続いては奥様が『土地をきれいに整地する』という意味が込められた

「鍬入れの儀」を行いました。
DSC_0535

▼「杭打ちの儀」で地鎮の儀は終了です。

今回は福岡工務店から、平山設計士と現場監督田之上が務めましたDSC_0540

▼地鎮の儀に続いて、「玉串奉奠」

神主さんから玉串を受け取り、工事の安全とこれからのご家族の幸せを祈って、祭壇に捧げますDSC_0543

▼福岡工務店からは、平山・樋渡・田之上の3人で願いを込め

玉串を奉げさせていただきました。
DSC_0553

▼最後は祭壇に向かって皆で低頭して、地鎮祭は終了です。
DSC_0562

▼式が終了した後は神官さんにお神酒をいただき、

これからの工事の安全と、家内安全を願って皆で乾杯ですDSC_0568

▼乾杯の後、神官さんからお施主様に「上棟札」が渡されました。

この上棟札は、上棟したときに家の一番大事な、棟柱に付けられます
DSC_0589

▼その後、平山設計士と田之上現場監督とともに

図面を見ながら現場での打ち合わせを行いました

地鎮祭は、みんなで現場で打ち合わせができる、貴重な機会です。
DSC_0592

こうして無事に、全ての行事が終了しました。

本日の地鎮祭、誠におめでとうございました

▼最後にめでたく地鎮祭の日を迎えることができた、記念の一枚です
DSC_0583

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください