福岡県糟屋郡02 注文住宅建築現場リポート⑥

12月11日(火)雨シトシトと冷たい雨が降っています今年も残すところ20日余りとなりましたまた、本日は福岡市南区で地鎮祭を執り行っております。「おめでとうございます!」福岡県糟屋郡Aの現場です

▼本日の現場です12月1日の上棟式より10日ブルーシートで覆われていますが、中からは音がしています
20181211 (11)-min

▼「こんにちは~お疲れ様です」上から音がしていますので、棟梁の高田大工は2階のようです
20181211 (1)-min

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20181211 (9)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。
20181211 (10)-min

▼それでは、2階へ現場監督の中村は、金物検査をしています全ての金物をチェックしていきます首が痛くなりそうですが、しっかりお願いします
20181211 (2)-min

20181211 (4)-min

20181211 (6)-min

▼2階には浴室これも注文住宅ならではですね
20181211 (3)-min

▼高田大工は、窓枠の下地造作中です
20181211 (7)-min

20181211 (8)-min

▼いつも笑顔が素敵です寒い中の仕事ですが、ぬくもりに変わります「いつもありがとうございます
20181211 (5)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください