福岡県春日市星見ヶ丘01 注文住宅建築現場リポート②

5月22日(月)晴れ朝から気温がぐんぐん上がり、汗ばむような暑さでした冷たい飲み物を用意してのリポートになりました太宰府市より再び春日市へ福岡県春日市星見ヶ丘の現場です4月15日の地鎮祭、誠におめでとうございます完成までリポートさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします地鎮祭より約1ヶ月と1週間になります

▼本日の現場ですキャスターゲートが閉まっていますが、基礎工事が進んでいます
20170522 (9)

20170522 (1)

▼やり方工事(回りの木枠)と根切り工事・砕石地業・捨コン・防湿フィルム工事が終わり、配筋工事が進んでいますやり方とは、工事を着手する前に、建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なものです。福岡工務店では、やり方は現場監督が施工していますこれから入る基礎工事何よりも安心して工事が進むようにと他社にはない現場監督によるやり方施工です
20170522 (2)

▼やり方の目印を発見やり方に▲GL+550の印が記入されています基礎工事には欠かせない、高さ基準の指示になる大事な印です
20170522 (3)

▼南側よりパシャ
20170522 (4)

▼南西側よりパシャ
20170522 (5)

▼北東側よりパシャ
20170522 (7)

▼よく見ると捨コンの上には墨だし(黒い線)が見えていますこの墨だしは、これからの建物の位置を出すための大事な印になります
20170522 (6)

▼ズームアップします配筋の下に見えるのはターミダンシートこのターミダンシートは、防湿・防蟻の大事な役割を果たします人体への安全性が高く環境にも優しいです生コンクリート打ち前なので、見られるのは今だけです
20170522 (8)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください