福岡県太宰府市国分02 注文住宅建築現場リポート③

8月22日(火)晴れ青空にうろこ雲が広がり初秋の訪れを感じます本日は、東区・太宰府市・宇美町の3現場リポートさせて頂きます東区から太宰府市へ移動都市高速運転の楽しみは博多湾の海本日は、波もすごく穏やかでキラキラしていました2週間ぶりになる福岡県太宰府市国分の現場です

▼本日の現場です前回リポートはやり方と根切り工事でしたが、2週間で随分進みました砕石→捨コン打設→配筋→型枠取り付け工事と進んでいます本日は、午後から土間コンクリート打設工事の予定です
20170822 (1)

▼基礎工事担当の田中土木さんと現場監督の古藤と施工管理部野坂も入り、コンクリート打設前の基礎確認作業中です福岡工務店では、このように基礎工事業者と複数の現場監督や施工管理部で再々基礎工事チェックをしていきます
20170822 (2)

▼念入りにチェックしています
20170822 (4)

▼田中土木さんと共にしっかりチェックしています
20170822 (5)

20170822 (6)

▼ズームアップします配筋の下に見えるのはターミダンシートこのターミダンシートは、防湿・防蟻の大事な役割を果たします人体への安全性が高く環境にも優しいです生コンクリート打ち前なので、見られるのは今だけです給排水管は、コンクリートが入らないようにテープでしっかり塞いでいます
20170822 (7)

▼こちらは、外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。このパフォームガードは、防蟻性能は半永久的、人体や環境にも優しいというすぐれものです
20170822 (3)

▼野坂は、サイコロがずれているのを戻しています
20170822 (8)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください