太田さんファミリー
大工さんのレベルが高い!そうピンと来たんです。結果、間違っていませんでした。

太田さんファミリー

お引渡し当日、福岡県太宰府市の太田様邸を訪ねました。太田様は、もともと転勤族で、福岡に戻ったタイミングで家を建てようと決めていたそうです。そして、実際建築会社を選ぶ時の最大の決め手が、大工職人の腕の良さだったとか。そんな、大田様に、福岡工務店で建てた感想やスタッフの対応などをインタビューしました。

まずはじめに、家を購入しようと思ったきっかけから教えてください


ご主人:昔から家を建てようとは思っていました。
奥さま:でも、私たちは転勤族だったので。
ご主人:だから福岡へ戻った時に家を建てようと常々考えていました。建てるなら福岡でということは、結婚したころから考えていましたね(笑)。今思えば、総合住宅展示場に家を見に行ってから、どんどん家づくりが具体化していったような気がします。

福岡工務店のことは、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:福岡工務店さんのことを知ったのは、総合住宅展示場に行った後でしたね。
奥さま:最初は、福岡工務店さんよりも先に友人が紹介してくれた健康住宅さんに話を聞きに行きました。そこで、外断熱住宅の存在を知ったという感じです。それで外断熱住宅に興味を持って調べていったら、福岡工務店さんを見つけましたという感じです。
ご主人:もともと大手のハウスメーカーで建てようと思ってはいませんでした。福岡の会社で、福岡の職人さんが建てる家にしたいと思っていましたので。そんな時に、インターネットで福岡工務店さんを見つけたという感じです。

福岡工務店以外に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:比較したと言ったら、健康住宅さんと悠悠ホームですね。大手のハウスメーカーにはあまり興味がなかったので、資料請求をしただけで終わったところも多かったです。たしか、一条工務店さんはコスト的に安そうなイメージがあったので、建売を見に行ったことがあります。
奥さま:他には、フリークホームズやBESSのログハウスなんかも検討しました。
ご主人:福岡の工務店で言えば、斉藤工務店さんなんかも少し調べてみましたね。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:福岡工務店さんのホームページを見て、まず大工さんたちのレベルが高そうだなということにピンと来たんです。
奥さま:土地探しを一生懸命にやってくださったことも大きかったです。それに「いかにも営業さん」という感じではなくて、きちんとデメリットみたいなことも教えてくださったことに、逆に信頼感が持てました(笑)。
ご主人:他の建築会社さんにも同じように土地探しに協力してもらったんですけど、実際のところあまり動きはありませんでした。あとは、やっぱり高気密、高断熱の高性能な住宅が建てられるところですね。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:賃貸はどこもそうだと思いますが、収納が少ないのはやっぱり不満でしたね。
ご主人:前の住まいは、もっと昔に住んでいたところよりも設備が古いのが難点でした。一度便利なものを使ってしまうと、どうしてもそういうのは不満に感じてしまいますよね(笑)。
奥さま:古いからから、前のところよりカビも強かったように思います。

新しい家で、その不満は解決されましたか?

ご主人:もちろんです。
奥さま:すべてが一挙に解決です(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?


ご主人:1番は、お金のことですね。最終的な金額がなかなか見えてこなかったので不安でした。結局、全部でいくらになるんだというのが。
奥さま:私は、担当者が途中で池田さんに代わったことですね。ちょっと予想外の出来事だったので、正直不安になりました。
ご主人:あとは、設計士さんとインテリアコーディネーターさんとの切り替えのタイミングがちょっと分かり辛かったです。どこまでが設計士さんに伝えたらいいことで、どこからがコーディネーターさんに伝えるべきことなのかということですね。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:さっきの話とも関連してくるんですけども、もうちょっと密度の濃い図面が欲しかったということはありますね。寸法のことなんかにしても、もう少し設計の方の責任範疇が広い方がうまくいくんじゃないかな、と思いました。
奥さま:あと、こちらから発信することには全部こたえてくださるんですけれども、欲を言えば、工務店さん側からの提案ももっとあればよかったなと思います。こちらは素人ですので、もう少しリードしていただけたら嬉しかったんじゃないかなと。
ご主人:「こういうふうにしたら、もっとカッコよくなりますよ」とか、設計者なりのそういうアイデアが欲しかったですね。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:監督の小屋町さんは、こちらのお願いに対して少しも嫌な顔をされず、気持ちよく対応していただきました。普通だと、口では「わかりました」と言いながら面倒くさそうな感じが顔に出たりもするものですが、そういうことは全くなかったです。設計の石田さんは、色々ありましたけど、最終的には僕たちの思いをうまくまとめてくれたかなと思います。
奥さま:大工の泊さんは、作業中は集中しているので一瞬怖そうに見えるんですけど、私たちに気づくとすごい笑顔で話しかけてくれました。それに、気遣いもとても良かったです。床の施工の時なんかは、床材にある節を見えないように端っこしてくれたり、そういう所まで考えて、やってくれるんだとありがたかったです。
ご主人:やっぱり福岡工務店さんがイチ押しするだけあって、やっぱり申し分なかったです(笑)。
奥さま:コーディネーターの尾田さんは、私が一番やり取りさせてもったんですけど、イメージをちょっと伝えると、色々探し出してきて、材料を見せてもらったり、1つ何かお願いすると、必ずプラスアルファして見せくれました。他にも、私たが好きなインテリアを把握してくれているので、雰囲気にあうお店とかお花屋さんとか、ためになる情報を色々と教えてくれました。
ご主人:僕たちのやりたいことや好みを理解してくれて、先取り先取りで提案してくれるのがすごく上手でしたね。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?


奥さま:やっぱりバーベキューです(笑)。
ご主人:僕は、早く東京の両親を招待したいです。あとは、子どもの成長に合わせて上手に家を使っていきたいなと思います。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:私たちの場合は、土地が見つかるのが早かったので、家づくりをしながら細かな部分を決めていきました。
ご主人:でも、理想は、家づくりを始める前にできるだけ色々見ておくことですね。
奥さま:建てる前に全体のイメージをきちんと固めておくと、後が楽になると思います。
ご主人:あとは、言い出しにくいことも後からやもやして後悔しそうなら思い切って工務店さんに相談した方がいいと思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2019年5月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 204.04㎡(61.72坪)
延床面積 127.52㎡(38.57坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください