佐藤さんファミリー
見えない部分の施工でも手を抜かずにこだわる姿勢。そこに魅力を感じました

佐藤さんファミリー

お引渡し当日、福岡県三井郡大刀洗町の佐藤様邸を訪ねました。佐藤様は、お子様の誕生をきっかけに本格的に家づくりをはじめたお客様です。また、ご主人が仕事柄、色々な建築会社の家を見る機会があり、その中で目を惹く存在だったのが福岡工務店だったとか。そんな、佐藤様に福岡工務店で建てた感想やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:そうですね。きっかけは特にないんですが、昔から一戸建ては欲しいなと思っていたんです。今まで住んでいたアパートに別に不満があったわけでもないんです。でも、家が欲しいなとは思っていました。
奥さま:不満はありましたよ(笑)。だから、子どもができた時には、一戸建てが欲しいと思うようになりました。でも、たしか結婚した時に、いつかは家が欲しいねという会話をしたこと記憶もあります。今は、2人目の子どもも生まれて、新しい暮らしを始めるにはちょうどよいタイミングになりました。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:私は職業柄、多くの工務店やハウスメーカーを知る立場にあるんですけど、中でも目を引く存在だったのが福岡工務店さんでした。
奥さま:福岡工務店さんのことを夫から聞いてホームページを見てみたら、とてもわかりやすくて親しみを感じたんです。ホームページに書かれている内容も充実していて、勉強になることがたくさん書いてありました(笑)。
ご主人:いろんな建築会社のホームページをたくさん見ましたけど、その中で福岡工務店さんは非常にインクパクト大でしたね。
奥さま:現場の写真を全部ホームページに掲載しているのは結構珍しいなと思って、ポイントが高かったです。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:大きな展示場の中にあるところをいくつか回ったくらいです。
奥さま:建物の性能にこだわっている建築会社を5社くらい見て回りました。
ご主人:そういうところを回ってから、最終的に福岡工務店さんに決めたのですが、悩むことは全くありませんでした。
奥さま:はい。全然悩んでないです(笑)。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:一番は、技術力に対する信頼性が高かったことです。仕事柄、色々な工務店やハウスメーカーの家を年間100棟以上見て回るんですが、家の見た目はある程度どこも同じように建てられると思っていました。そうなると、やっぱり目に見えない部分にどれだけこだわって造っているかということだったんです。目に見えない部分だからこそ、技術力の差が出ると思っていました。あとは、営業さんの対応もすばらしかったです。施工技術やスタッフさんとの関係って、信頼の部分なんで、そういうところのポイントが高かったというのが理由ですね。
奥さま:私も営業さんのごまかしや嘘の一切ない姿勢に、さらに信頼感が上がりました(笑)。あとは、専属の大工職人がいることも大きかったです。下請けの大工さんじゃないのって珍しいですよね。絶対、責任をもって家づくりをしてくれると思いました。
ご主人:他の方のインタビュー記事を読んでいても話によく出てきますが、営業さんがグイグイ押してくる感じがないのがいいですよね。「ぜひうちで建てて!」じゃなくて、「一緒に建てていきましょう」というスタンスがちょうど良かったです。
奥さま:グイグイでもないし消極的でもないから、本当にちょうどいいバランスでした(笑)。こちらからの質問には的確に答えてくださいましたしね。
ご主人:欲しい情報は提供してくれるけど押し売りはないので、こちらも安心して何でもおたずねできました。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:夫は、不満はなかったと言いましたが、私にはたくさんありました(笑)。まず、床が全部クッションフロアだったんですよ。犬や猫を飼えるところだったから仕方ないし、うちも猫を飼っているんですけど、汚れたときに拭き取るのが大変な材質でした。夏場なんかは湿気でベタベタするし、ちょっと浮いているような部分もあって、快適とは言えませんでしたね。
ご主人:ベタベタと言えば、冬場は窓の結露もひどかったですね。
奥さま:あと、猫がいることもあるとは思いますが、ホコリがたまりやすいのも難点でした。空気の循環が悪かったのかもしれませんね。においもこもりやすかったです。

新しい家で、その不満は解決されましたか?

奥さま:床は、悩み抜いた末に決めた無垢板がかっこよく決まって満足です(笑)。
ご主人:想像どおりに仕上がりました。
奥さま:決めるのがぎりぎりになって、コーディネーターの尾田さんを困らせてしまいましたけど。
ご主人:尾田さんも最後はドヤ顔で、「めっちゃかっこいいでしょう?」と言っていましたよね(笑)。
奥さま:結露には無縁の家ということも聞いていますので、心配していません。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:私は、仕事で建築中の物件にいっぱい関わっているから、意外と不安はなかったです。
奥さま:不安はないんですけど、想像の中で決めていくことが多くてちょっと苦労しましたね。この床材とこのドアは合うのかな?とか。
ご主人:サンプルは小さいので、実物大にするとどう見えるのか想像するのは、たしかに難しかったです。
奥さま:でも、そんなときはスーパーコーディネーターの尾田さんがいつも寄り添ってアドバイスしてくれたので、特に大きな悩みはありませんでした(笑)。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

奥さま:正直に言ってないです(笑)。
ご主人:注文どおりに進んでいるかな?と気になっても、ホームページを見れば建築現場のリポートも随時更新してくれていたので様子もよくわかりましたしね。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:設計士の朴さんは、作ってくれた間取りプランが見事でした。2回目で、ほぼ完ぺきなプランになったのが凄いと思いました。現場監督の小屋町さんは、福岡工務店さんと私たちの間に入って、色々と対応してもらいました。安心感がありましたね。
奥さま:私は、インテリアコーディネーターの尾田さんです。尾田さんがいなかったら無理でしたね。インテリアで悩んだ時は、もちろん尾田さんに相談するんですけど、尾田さんが「うーん…」と悩んだら「じゃあ、やめておこう」と自然となっていました(笑)。
ご主人:あとは皆さん、私たちをおだてるような対応じゃなくて、実際に生活した時のことを考えて率直な意見を言ってくれるところが良かったです。
奥さま:棟梁の泊大工は、技術力も高いですけど、いつもニコニコしながら話してくれました。最初、職人気質の怖い人かなとか思ってたけど、全然、そんな事ありませんでした。
ご主人:私たちは泊大工が良かったので、「急いでいないから待ちます」とか言って、泊大工が空くのを待ちましたね(笑)。
奥さま:そのかいあって、気密検査の気密値はびっくりするぐらいの良い数値が出たんです。実は、前の日にネットで「どれぐらいの数値だったらいい」というのを調べてきて臨んだんですけど、それをはるかに上回る気密値でした。
ご主人:泊大工さんは、こちらが「どういう人でした」なんて評価するのもおこがましいくらいのすごい人でした。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:建て始めるときに私が考えていたのは、いろんな人を呼んで、みんなで楽しく集まれる家にしたいなということでした。それを目指してつくって、望みどおりに実現したのが嬉しいですね(笑)。
奥さま:私も同じです。友達とワイワイしつつ、同時に家族だけの時間は家族だけの時間で広々したスペースでゆっくりできるのがいいなと思っていました。両方がかなえられて幸せです(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:「こうしたいな」とか、「これがわからない」とか、「これ、できるかな?」とか、思ったことは工務店さんに全部伝えたらいいと思います。
ご主人:答えは絶対に返ってきますし、そういう方たちがそろっています。
奥さま:色々と全部伝えておけば大丈夫。きっと素敵な家ができると思います。
ご主人:まとめると、福岡工務店さんはおススメですということですね(笑)。

木造在来工法2階建て
竣工 2019年3月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 327.91㎡(99.19坪)
延床面積 41.81㎡(12.64坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください