濱里さんファミリー
大工さんも几帳面で現場はいつもきれい。建設中に何の不安もありませんでした。

濱里さんファミリー

お引渡し当日、福岡県宗像市の濱里様邸を訪ねました。濱里様は、それまでのお住まいがマンションだったということもあり、一戸建てで生活するイメージが全く湧かなかったそうです。そこで、思い立ったのが実際に一戸建てで生活をしてみること。行政の家賃補助金制度も活用しながら約5年間生活し、その中で理想のマイホーム像を見つけていったそうです。そんな濱里様に、福岡工務店を選んだ理由や建てた感想、スタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:きっかけは、結婚して住む場所を宗像に決めたことですね。それで、これからの住まいを賃貸にするか持家にするかで選択肢があったんですけど、やっぱり家賃を払い続けるのは勿体ないので、自分たちの家を持ちたいなって考えたんです。
奥さま:それが5年位前ですね。それから、すぐに土地を探したり家を見に行ったりしました。でも、当時はマンション暮らしだったので一軒家を建てるイメージが全然湧かなくて。それで、家を建てる前に、ちゃんとイメージ作りをしようと思って、実際に一軒家を借りて住んでみることにしました。
ご主人:行政から3年間の家賃補助の制度もあったので、僕たちの考えとしては、その補助が切れるタイミングまでにイメージを固めて、家を建てようと思っていました。ただ、考えとは裏腹に、ちょっと動き出すタイミングが遅くて結局5年近くかかってしまいました(笑)。

福岡工務店のことは、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:初めのころは、総合住宅展示場をよく回りました。そこで、外断熱に興味を持って、家を建てるならやっぱり外断熱工法がいいなと思ったんです。
奥さま:私が寒がりなので、建てるなら絶対に外断熱がいいなって思っていました(笑)。
ご主人:そこから、外断熱で家を建ててる建築会社を中心に調べ始めましたね。
奥さま:あと、夫が地元の工務店にも興味があったみたいで、「工務店」「外断熱」といったキーワードで、ダーッと調べて最初に出てきた福岡工務店さんに話を聞きに行ったという感じです。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

奥さま:いろいろ行きましたよ。まず、一条工務店さんでしょう。
ご主人:桧家さんへも行きましたね。
奥さま:悠悠ホームさんに谷川建設さんにアイ工務店さん、結構行ってますね。全部回って話も聞いて、その中で自分たちの優先順位は何なのかと考えたとき、それがやっぱり外断熱だったんです。
ご主人:その時に福岡工務店さんをインターネットで見つけて、「何かよさそうなところがあるよ。行ってみようか?」となったんですよね(笑)。
奥さま:メールで問い合わせしたらすぐに資料が届いたこともあって、こちらもすぐにお伺いしたと思います。地元の工務店で一番初めに話を聞いたのが福岡工務店さんだったんですけど、すぐに気に入ったので「もうここにしよう!」と言って決めてしまいました(笑)。
ご主人:ほかにもいくつか資料請求をした工務店さんもあるにはあったんですけど、結局行ってないですね。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


ご主人:まず、ホームページが見やすくて勉強になったということがあります。それから対応の速さと家の性能ですね。
奥さま:寒がりの私は、「ここなら暖かい家を建ててくれる!」と確信したからです(笑)。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:新婚時代に住んだマンションは狭かったので、特に寒さは感じなかったんですけど、その後に住んだ一軒家は、広かったのでエアコンがなかなか効かず、夜寝るときはかなり着込んで寝ていました(笑)。一応、床暖房が付いていたんですけど、床暖房がないと生活できないくらい本当に寒かったです。
ご主人:光熱費も高くて、冬は2万5千円ぐらいかかっていました。
奥さま:他には、広かったので掃除が大変だったり、死角が多くて子どもの様子が見渡せなかったので子育てをするには危ないと感じることがありました。

新しい家で、その不満は解決できそうでしょうか?

奥さま:ちょうどいい広さで、断熱もしっかりしているので、もちろんできると思います。
ご主人:すべて解決です(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:何といっても、土地がなかなか見つからなかったことですね。
奥さま:それが一番大きかったです。だから、土地が決まった後は逆に早かったと思います。
ご主人:間取りプランを何度か変更していただいたんですけど、その時、金額がどれくらい高くなったのかが分からず心配になったことはありました。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:正直、思いつかないです。
奥さま:一つもなかったです(笑)。誰に何を聞いてもすぐに返事が返ってくるし、本当に何もなかったです。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。


奥さま:私は、男の人と話すのがちょっと苦手なので、女性のコンシェルジュに対応していただけたことが良かったです。いつも頼もしくて、生活感のある、実のあるアドバイスをしてもらえました。
ご主人:僕は、設計の朴さんに感謝です。朴さんは僕たちが伝えた通りに間取りプランを描いてくれたんですが、もともとの僕の考えがざっくりし過ぎていて、そこから僕の迷走が始まってしまって。細かすぎて本当申し訳なかったです(笑)。
奥さま:朴さんは、大変だったと思います(笑)。でも、主人の考えをちゃんと読み取ってくださって、その後もすぐに対応していただけたので、ありがたかったです。
コーディネーターの尾田さんは、何枚か参考になるような写真を見せたら、私の好みをすぐに分かってくれて、こちらから細かく伝えなくても、すぐに私の理想に近いものを持ってきてくれました。それでいて、ちょっと聞いたことでも、すぐに教えてくれるので、悩んだり不安に思ったりする暇もなかったです(笑)。
ご主人:現場監督の田之上さんも、レスポンスがとても速かったです。毎週、進捗の報告メールもいただいていたので、現場の様子もよく分かり安心でした。
奥さま:言い方が悪いかもしれないですけど「任せとけばいいんだ!」くらいの感覚でした(笑)。現場で伝えた要望も色々と対応してもらって、建設中も何の不安もありませんでした。大工さんも几帳面で、現場はいつもきれいでしたね。インスタなんかで、他の住宅メーカーの現場写真を見たことがあるんですけど、ゴミが落ちてたり、危ない道具が出しっぱなしだったり、それに比べて福岡工務店さんの現場は、そんなもの一切見当たらなかったです。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:家から海が見えるので、海を見ながらバーベキューがしたいですね(笑)。
奥さま:友達もたくさん呼びたいです。今までも頻繁に遊びに来てましたけど、たぶんこれからは凄い人数で来ると思います(笑)。
ご主人:あとは、庭にリビングと繋がるウッドデッキを作ります。
奥さま:もともと家の理想が、死角が無くてどこからでも家の中を見渡せる一体感のある感じだったので、リビングと繋がるウッドデッキができたら、さらに外とも繋がっている感じが出て、一体感が増すと思います。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:私のおすすめは、自分が住んでみたいと思う家を雑誌やインターネットで、まず見つけておくことですね。そして、テーマをある程度決めておいたほうがいいと思います。そうしないと、たぶん家の中がガチャガチャした感じになると思います。もちろん、空間ごとにそれぞれ考えても良いと思うんですけど、それを全部やると結構大変です。私たちの場合だと、例えばトイレなんかは、地中海をイメージしてブルーのクロスを使いたいって、最初からずっと話していたんですけど、よくよく考えたら、ちょっと全体の雰囲気に合わないなと気づいて変更しました。
ご主人:僕の場合は、間取りをどうしようかと一人で考え過ぎてしまって、迷走してしまったんで、もっと早く設計士やコンシェルジュの方に相談すれば良かったと思っています。大雑把な相談でもいいので、一緒に考えてもらったほうが、迷走もせず、早くゴールにたどり着けると思います(笑)。
奥さま:悩んだら、とりあえず何でもプロの方に聞く、何でも相談するという姿勢が大切ですね(笑)。
ご主人:あと、自分でこだわりが強いと感じている人は、オプションに使うための予算を多めに取っておいた方がいいと思いました(笑)。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年11月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 651.86㎡(197.18坪)
延床面積 122.14㎡(36.93坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください