麻生さんファミリー
私たちが見たいと言ったオーナーさんの家を見に行けるのは、信頼関係が成り立っている証拠だと思いました。

麻生さんファミリー

お引渡し当日、福岡県宗像市田熊の麻生様邸を訪ねました。麻生様は、子育てをきっかけに新しい家への引っ越しを考え始めたお客様です。当初は、家を建てるよりも賃貸マンションをメインに考えていましたが、色々と検討した結果、注文住宅で家を建てることにしたお客様です。そんな麻生様に福岡工務店を選んだ理由、スタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

奥さま:今まで住んでいた家に不満があったので、引っ越しをしようと考え始めました。
ご主人:結露やカビがひどかったです。これから子どもを育ていこうと考えた時に、ここでは無理だと思ったんですよね。ただ、引っ越すなら今よりも広い家。でもそうなると家賃も高くなるので、それなら家を建てようと思いました。
奥さま:賃貸マンションやマンション購入も結構考えたんですけど、色々見た結果、やっぱり家を建てることにしました。
ご主人:子育てが一番のきっかけですね(笑)。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:私が、どうやったら結露が無くなるか、ネットで調べていたんです。そしたら、たまたま福岡工務店さんの結露について書かれたホームページを見つました。だから、最初は家を建てようと思って、工務店を調べていたわけじゃありません。しかもこの頃は、家を建てるよりは、賃貸マンションにしようと思ってマンションを見に行っていました。でも、引っ越そうとは考えていたので、とりあえず一度話を聞いてみようと思い、福岡工務店さんに話を聞きに行きました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?


ご主人:注文建築で建てると決めてからは、いろいろ見て回りました。長崎木材さんやアネシスさん、BESSさんとか。どこも見た目はオシャレでした。ただ、なんて言うんでしょうか。私たちが求めていたのは、見た目のデザインというよりは、造りとか質とかと本質的な部分でした。だから色々見て回りましたけど、家の造りや質についての話がまず聞けて、その考え方が自分たちと合っていたのが大きかったです。
奥さま:あと福岡工務店さんのホームページには、実際に家を建てている大工さんや建築中の様子が載っているじゃないですか。そういうところは他にあまりないですよね。他のハウスメーカーは、誰が家を建てているのかよく分からないですけど、福岡工務店さんはわかりやすかったです。
ご主人:そこまで堂々と出しているということは、自信があるんだろうなと思いましたね。安心感が持てました。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


奥さま:最初に見学会に行った時に、かなり長い時間をかけて家づくりや住宅ローンの説明を細かくしてもらえました。とても話しやすくて、対応が良かったです。
ご主人:福岡工務店さんは、「うちは、いいですよ!」とか言わないんですよね。良い意味で押しがないというか(笑)。「絶対うちで建ててください」という雰囲気が一切なかったです。
奥さま:「一生に一度の買い物なので、よく考えてくださいね」というスタンスがとても信頼できました。
ご主人:他にはアットホームな社内の雰囲気もいいなあと思いました。最近は忙しそうですけど(笑)。あと、テレビCMとかしないから、その分お客さんの家にお金をかけられる。それと、実際に住んでいるお客さんの家を見せてくれたことも大きかったです。私たちが見たいと言ったオーナーさんの家を、コンタクトを取って実際に見に行けるというのは、お客さんとの信頼関係が成り立っている証拠だと思いました。
奥さま:お客さんの協力が得られるということは、それだけ良好な関係を築けていることだと思います。
ご主人:モデルハウスや展示場の家とは違って、リアルな家を見られて、住んでいる人のお話も聞けるのは重要なことだと思います。
奥さま:あとは住宅の造りや質ですね。結露しないという性能。カビも生えづらい。
ご主人:性能ですね。やっぱり。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:初めにもお話ししたとおり、カビと結露が一番の不満でした。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?


ご主人:性能のいい家ということで選んだので、解決されると信じています。
奥さま:冬でも半袖・半ズボンで過ごせるという言葉を信じていますよ(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥さま:いろいろありますけど、一番は間取りですね。悩んだし、苦労もしたし、一番ご迷惑もおかけしたと思います。皆さんの大事な時間をたくさん奪ってしまったなと、過ぎてみてわかります(笑)。本当にありがとうございました。
ご主人:あと、苦労したことはやっぱりお金のことですね。途中、今どのぐらいいっているんだろうということがもう少しはっきりわかれば、外構の予算なんかも立てやすかったと思います。私たちみたいに予算を決めている者にとっては、なかなか大変でしたね。
奥さま:でも、予算に見合うように頭をひねって何とかしてもらいました。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:連携の部分ですね。設計の段階では、まだコーディネーターさんは打ち合わせには参加していないんですが、その後コーディネーターさんと打ち合わせをするときに、設計の時に話した内容が伝わっていないということがありました。そうすると、また一から説明しなければならないので、そこは、もう少し何かいい方法がないのかな思いました。
奥さま:コーディネーターさんからの具体的なアドバイスをもう少し早めにもらえれば、こちらも細かい点がイメージしやすく、考える時間ももっと持てたかなと思います。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:コンシェルジュの池田さんは、フットワークよく、こちらまで足を運んでもらいました。夜7時でも、宗像まで来てもらったりして、明るく元気に何度も来てくれたことはありがたかったですね。それと設計の朴さんは、こちらが言いたい放題言って、困らせたと思うんですけど、おかげで完全にイメージ通りにできてすごいと思いました(笑)。
奥さま:現場監督の田之上さんは、私が何か考えついて現場でブツブツつぶやいていたら、すぐにそこら辺の板をカットして「見える化」してくれました。おかげで細かいところもイメージすることができました。
ご主人:大工の土﨑さんは、すごく丁寧に対応してもらいました。物腰が柔らかくて、私たちが現場に行った時も、「どうぞ、どうぞ」みたいな感じで。でも、ある日こちらが心配になるくらい夜遅くまで黙々と仕事をされていることがあって、聞いてみたら、ちょっと大事な部分なんでと和やかに返事がありました。その時、仕事も丁寧にしてもらっているんだなと実感しましたね。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥さま:友達がたくさん遊びに来くる家にしたいと思います。
ご主人:私は、音が外に漏れにくいこの家で、ピアノや他の楽器などを近所に迷惑をかけずに夜遅くまでできるのが嬉しいです。
奥さま:キッチンの作業台も大きく作ってもらったので、それを生かして娘たちともお料理を楽しみたいです。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:私たちは、福岡工務店さんで家を建てて、実際に住んでいる方のお宅にお邪魔させてもらい、本当に参考になりました。だから、どんどん言って、連れて行ってもらったらいいと思います。
ご主人:私も、あれは大きかったです。家という「物」を見るだけではなく、もうそこに住んでいる方たちの住み心地や感想などを聞くことができました。だから、気になった家があったら、ぜひ担当のコンシェルジュに伝えて、見せてもらったほうがいいと思います。
奥さま:モデルハウスや展示場では得られない、貴重な情報になると思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年8月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 181.42㎡(54.88坪)
延床面積 111.16㎡(33.62坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください