小野さんファミリー②
「オール電化なのでガス代が不要に。しかも以前の賃貸マンションより電気代が安いのです。」

小野さんファミリー②

福岡市南区に新築してから1年2ヶ月。住み心地はいかがでしょうか?「これは困った」ということは起こっていないでしょうか?現場監督の定期点検に同行し、小野夫妻にお話しを伺いました。

入居から1年2ヶ月。春夏秋冬、すべての季節を過ごされましたが、住み心地はいかがですか?

ご主人:間取りも自分でそれなりに考えたので満足しています。夏は涼しく冬は暖かいですよ。ちょこちょこと細かいことを言えば、2、3個所はありますが…例えば網戸のしまりが悪いとか。でも田之上現場監督に伝えると、業者さんがすぐに来てくれました。対応がキチンとしているので、何があっても安心感がありましたよ。

「こうしておけばよかった」という、後悔する点はなかったですか?

ご主人:しいて挙げれば、リビングルームに床暖房を付ければよかったな、というくらいですかね。悩んだんですけどね。でも、打ち合わせの時に外断熱にするからそんなに冷たくはないだろうという話でした。まっ、冷たくはないですけど、かといって暖かいわけではないですから(笑)コタツも置かないし、エアコンが上に付いているので、下の温まりが1個あった方がよかったかな…と。しかし大きな不満じゃないです。

完成直後のインタビューの時は畳コーナーの「掘りごたつ風」のカウンターでお話しを聞かせて頂きました。

ご主人:ここは子供がもう少し大きくなったら、食事の準備をする母親と、宿題をしながら話もできるコーナーです。私がパソコンを使うので、机っぽいものが欲しいとも思い作りました。今はプリンターを置いたりして、何かと重宝しています。

予算的には当初予定よりオーバーしたとか。

ご主人:あれこれ要望が増えるとオーバーしますね。元々この土地に付いていた間取りプランじゃないんです。そのプランとは関係なく、「こういう風に建てたい」と要望を伝えました。お風呂とかキッチンとかも何件かメーカーを見に行きましたが、いいなと思うものは、それなりに値段が高くなります。

でもそうやって選んだものだから、使い勝手などに満足されているのですね。

ご主人:はい。本を見ても、こだわっているお宅はウチと同じメーカーのものだったり…。どこも考えることは一緒だなって思いました。キッチンは嫁が「緑色のシンクがかわいい!」と言ったことと、福岡工務店さんから人造大理石を使ったメーカーを勧められたことで選びました。

人造大理石のキッチンカウンターは、お手入れは楽ですか?

奥さま:茶渋みたいなものは多少色が付いたりしますが、普通の洗剤を使って通常の掃除で大丈夫です。継ぎめがないのでササッとふけばそれでいいし。楽ですよ!

小野邸は外張断工法の、高気密・高断熱住宅です。光熱費へのお得感は、感じていますか?

奥さま:すごく感じます。しかもオール電化にしたので、安いですね!
ご主人:この夏は猛暑でしたよね。2階が寝室で、小さな子がいるので、エアコンを点けっぱなしで寝るんですよ。それでも以前住んでいた2LDKの賃貸マンションよりも電気代は安いです。前の家はガス代がそれにプラスでしょ。ここはそれがないし、料理にかかる電気代を計算に入れても、前の家より安かったです。1万円かからないですよ。

ガス代って、月に6、7千円くらいしますね。冬だと煮物が多くて長時間ガスを使うので、8千円、9千円いったり…。


奥さま:そうです、そうです。それが全くかからないんですから。今は下の子の授乳があるので、赤外線ストーブだけはつけて寝ますが暑いくらい。暖かさの面でも高気密・高断熱を実感しています。
ご主人:よその家に遊びにいった時に、温かさの違いが分かりますね。今は慣れてしまったから、家の中にいるだけではもう分らなくなってしまったけど。ここ全体(1階)で約25畳なんです。エアコンを買った時は、家庭用では一番大きなものでしたが、それでも17、8畳用くらい。一応リビングルームが温まればと思って買ったんです。寒ければ和室にもエアコンを取り付ければいいかなと思って。でも今のところこれ1台で十分ですね。

24時間換気システムはスイッチをずっとつけていますか?

ご主人:ええ。点けっぱなしにしています。
奥さま:洗った子供の上履きを室内に置いていますけど、冬場は外で干すよりも断然こっちの方が乾きが早いです。これも24時間換気システムのおかげですよね。

結露はしましたか?冬を過ごされていかがでしたか?

ご主人:基本、結露はないです。じわぁっと、どっか1箇所くらい。それは結露とまではいかないですね。車の内側みたいなのが。エアコンを入れたらなくなるけど、触るとその部分の水滴が取れて線が入るみたいな…。あれくらいのが1、2回あったかな。マンションに住んでいた時には当然ありました。ですから今年は結露対策はまったく必要なかったです。

寒さも結露もない快適な冬を経験されたのですね。

ご主人:1週間前、ものすごく雪が降ったじゃないですか。あの時、エアコンの室外機に霜が付いたんです。それで霜取りをするじゃないですか。そしたらコレ、停まるんです。今日みたいな日は一日中つけてても大丈夫なんですけどね。動いてほしい時に止まるんですよ。アッ、でもこれはエアコンの問題ですね(笑)

小さな窓にしたのは、ご自身の希望ですか?

ご主人:こんな感じにしてくださいというのは私のほうから。位置とかは、福岡工務店さんのアドバイスです。プライバシーの確保と採光を考えて、位置を決めてもらいました。建築中は暗いし、狭いし、「失敗したかなあ」と思ったんですけど、「建築中はそんなものです。暗いですよ」と言われました。できあがったら何の心配もなかったです。全然問題なかったです。父がここに来た時も、「明るいなあ。日当たりがいいなあ」と言ってました。

高気密・高断熱の家は騒音に気づかないほど静かだと聞きます。その点はいかがでしたか?


ご主人:気にならないですねえ。車の音も気にならない。以前のマンションは、飛行機の音が気になっていましたが、ここは低空飛行していても気にならないです。
奥さま:私の実家がすぐ近くなんですけど、そこは飛行機の音が気になるんですよ。でもここはそうじゃないですね。

福岡工務店で家を建てていただいた経験を踏まえ、「福岡工務店とはこんな風に付き合うといい家ができるよ」というアドバイスをいただけませんでしょうか?

ご主人:建てて損をすることはないというか(笑)ただ自分で情報を集める必要があります。僕の場合は「ああしたい」「こうしたい」がたくさんあったからなんですが…。お任せでいいという方は任せればいいですが、要望が色々とある場合は、自分で情報を収集しそれを伝えるといいと思います。

情報提供は大手に比べると弱い面があると思われるのですね?

ご主人:うん、そうですねぇ…。でもそれはしょうがない。変な言い方ですけどこの人数でよくやっておられると思いますよ。大手のハウスメーカーは、インテリアプランナーさんがいたり、多くのセクションを分業でやったりしているのですから。

プランナーやデザイナーなど、設計とは違う部分の、インテリアに関わる部分でアドバイザーがいたらなぁ、と思われましたか?


ご主人:そうですね。カウンターも僕が調べてこういう風にしてほしいと、柱もこういう風にしてほしいと、全部僕が調べてお伝えしました。福岡工務店さんも色々とアドバイスしたいことがおありだったのでしょうけど、僕があまりに要望を出すから、受身になったのかも…。気を使っていただいたのでしょうね。部屋の間取りやキッチンとか風呂のことなど、大きなことは毎日夜遅くまで1人であれこれ検討したんですけど、それらが決まった時点で、、僕の中ではある程度終わったみたいなところがありました。「クロス?クロスは白やろ!」みたいな。白だけでもサンプルブックが分厚いのですが、もう見る気力がないんです。

そういう時に、デザインやインテリアのアドバイザーがいると、更によかったのでしょうね。

では最後に。福岡工務店を「人に紹介してもいい」という気持ちになりましたか?
ご主人:その人が地場の良心的な工務店を探していると言ったら、「僕が建てたところはいいよ」と言うと思います。みなさん色々で、お金がある方は大手に行けばいいでしょうし、賢く建てたいという方は地場の工務店で。でも地場の工務店は、レベルの問題が色々とあると建てた人から聞きますので、儲かっている(=お客さんが多い)ところじゃないと怖いという気はしますね。僕も嫁も初めは慎重でした。調子のいいことばかり言うとか、だんだん粗が見えてくる業者は嫌でした。でも福岡工務店はベースの考え方に嘘がないと思ったから、お付き合いすることができましたね。

励みになる言葉で締めくくっていただきまして、ありがとうございました!

高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2010年11月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 --
延床面積 約35坪
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください