建物本体保証

住宅品質確保法に定められた構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分を対象に、瑕疵(かし)が見つかった場合、住宅瑕疵担保責任保険に加入している福岡工務店が無償で修繕いたします。なお、初期保障は10年間となります。

最長60年の長期保証

新築後10年ごとのタイミングで有償のメンテナンス工事を行い、住宅の基本構造部分の瑕疵保証を10年間延長します。延長保証は最大60年間です。福岡工務店の延長保証は、国の認可保険法人保険を活用した保証となっておりますので、万が一福岡工務店に不足の事態に発生した場合でも、オーナー様が直接保険会社に請求が可能となっていますのでさらにご安心いただけます。

住宅瑕疵担保責任保険とは

住宅瑕疵(かし)担保責任保険とは、新築住宅を引き渡された後に欠陥が見つかった場合、その欠陥を修繕するためにかかった費用を建築会社に代わって保険会社が支払う保険です。

瑕疵担保責任の範囲

木造(在来軸組工法)の戸建住宅

住宅品質確保法に定められた構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分を対象に10年間の保証が付き、もし瑕疵(かし)が見つかった場合、福岡工務店が無償で修繕いたします。

保証制度の仕組み

損害の範囲

・事故を補修するために必要な材料費・労務費・その他の直接補修に要する費用
・住宅取得者様が事故の補修等のために余儀なくされた補修期間中の仮住まい・転居費用
・事故の補修に直接必要な事故の状況・発生部位・補修の範囲・方法等を確定するための調査費用

保険の金額

項目 保険金額・限度額
保険金額(1住宅あたり限度額) 2000万円

以下の費用については、上記保険金額の内枠の金額を限度とします。

項目 保険金額・限度額
調査費用限度額(1住宅・1事故あたり) 補修金額の10%、または10万円のいずれか大きい額。ただし調査費用の実額または50万円の内の小さい額を限度とします。
仮住まい・転居費用限度額(1住宅・1事故あたり) 50万円。ただし実額を限度とします。

保証期間

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください