外断熱工法

外断熱工法とは、建物の構造体を断熱材で覆う工法の事を言い、木造の場合、正式には「外張り断熱工法」と言います。

構造体が季節を問わず外気の影響を受けない事が外断熱の特徴です。
家の中も夏は涼しく、冬は暖かい住宅で、住宅環境を自分好みにコントロールすることが容易です。一度暖めたり冷やした空気を外に逃しにくく、冷暖房エネルギーのロスを最小限に食い止めることができます。

3ie_sotodannetsu063ie_sotodannetsu07

外断熱工法のメリットとデメリット

<メリット>

1.ランニングコストを軽減します=光熱費が軽減されエコ住宅になります

気密性が高いため、魔法瓶の様な住宅になります。
冬は、一度家の中の空気を暖めると、暖かい空気が外に逃げにくくなり、家全体が暖かくなります。夏は、一度家の中の空気を冷やすと、冷たい空気が外に逃げにくくなり、家全体が涼しくなります。エアコンをリビングに1つだけ設置すれば、各部屋にエアコンを設置しなくて済みますので、電気代もグーンと軽減できます。

2.結露の心配がなくなります=健康住宅になります

樹脂サッシなどを取り入れると結露の心配がなくなります。
結露は健康をむしばむ原因のひとつで、結露水にカビが発生しそのカビを餌にしてダニが繁殖します。そして、ダニの死骸、糞、カビの胞子などがハウスダストとして部屋中を飛び回ってシックハウス症候群の原因となります。
また、結露水は窓をつたわり窓枠や壁や床を濡らします。それが住宅全体をじわじわと腐食させていきます。カビなどが発生すればもちろんシロアリの被害も受けやすくなり住宅の寿命は極端に短くなっていきます。
外張り断熱工法は結露対策に有効です詳しくはこちらをクリック

3.気密性が高くなります

気密性が高くなるため防音効果が高くなり、外部の音が遮断されやすくなります。

4.空間が広く使えます

外断熱工法は、屋根裏が室内と同じ環境になるため、屋根裏空間が自由に使えます。
吹き抜けにして天井の高い開放的な部屋にしたり、ロフトにしたりすることができます。屋根裏を有効活用することで、住宅の大きさはそのままで、空間を大きく使う事ができます。
また、壁の中の空間も有効に活用できます。躯体の外側に断熱材があるので、躯体と躯体の間の空間を棚にして利用することができます。

3ie_sotodannetsu08

5.「家」が長持ちします

躯体が外気の影響を受けないため、躯体の損傷が少なく長寿命の家になります。外断熱工法住宅は森林資源の消費を抑制するエコロジーな住まいでもあります。

 

<デメリット>

1.内断熱の家よりも建築費が高くなる。

2.外断熱工法は気密性が高くなるので、換気計画を怠ると湿気が中で蒸れやすくなったりして、湿気がこもり、カビの原因にもなります。

3.気密性が高いため、外の音が聞こえにくくなり、インターホンが壊れているとお客さんが来たのか、わからなくなる事もあります。

4.外断熱は気密性を高くするため、一面ガラス張りなどの巨大な窓を設けにくくなります。設計時の採光計画が大切になります。

<健康住宅に関心がある方へ>

外張り断熱工法は結露対策に有効です → 詳しくはこちらをクリック

外断熱工法の写真

3ie_sotodannetsu01

3ie_sotodannetsu02

3ie_sotodannetsu03

3ie_sotodannetsu04

3ie_sotodannetsu05

施工例40荒川さんファミリー知花さんファミリー本岡さんファミリー新・施工例66石田さんファミリー②畠添さんファミリー施工例48施工例46田原さんファミリー野副さんファミリー森山さんファミリー施工例45三原さんファミリー施工例47木田さんファミリー藤澤さんファミリー草野さんファミリー施工例39新・施工例69