大工さんを大切にしている会社なら、 細かい部分も丁寧に施工してくれると思いました。

加藤さんファミリー
加藤さん

ファミリー

お引渡し当日に、福岡市早良区の加藤様邸を訪ねました。加藤様は、10社以上のハウスメーカーを比較される中で、福岡工務店の事を知り、ご来社いただいたお客様です。これから幸せいっぱいの新しい生活をスタートさせる加藤様に、福岡工務店を選んだ理由やスタッフの対応などをインタビューさせていただきました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:両親の店を継いだタイミングで考えました。祖父母が建てた家が元々ここにあったんですけど、建って50年が過ぎて、さすがに古くなってきていたんです。雨漏りなんかもしてきていましたしね。両親もまだまだ元気で長生きしてくれそうですし、2人の子どもにも恵まれました。これからもこの場所に長く住むことを考えたら、2世帯住宅にして新築するのがいいと思ったんです(笑)。

奥様:それに、前の家は、昔ながらの造りだったので、子ども部屋もありませんでした。だから、子どもたちがこれから成長していくと、絶対に自分の部屋が欲しくなるだろうとも思いました。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:今回、家づくりをするにあたっては、私たち家族全員、とても楽しみにしていたので、hit総合住宅展示場は、ほぼ全部見て回りました(笑)。

奥様:本当、ずっと通っていましたね(笑)。

ご主人:ただ、私がどうしても大手ハウスメーカーで気になることがあったので、展示場に通いながら、平行して地場の工務店さんのことも調べていたんです。仕事柄、他の工務店さんや大工さんに繋がりもあったので、評判の良さそうな建築会社を聞いていく中で、福岡工務店さんの名前が自然と挙がってきたという感じでした。ちなみに、悪い評判は、一度も聞かなかったです。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

奥様:私と義母は、初めは「大手ハウスメーカーさん派」だったんです(笑)。ですから、hit総合住宅展示場にも随分通いましたよ。

ご主人:3、4社回ったよという方は多いみたいなんですけど、私たちは10社くらい見に行きましたね。「これから家を建てるんだ!」とテンションの高い時期ということもあり、全然苦にはなりませんでした(笑)。ただ、ハウスメーカーの営業さんは、どうしても営業臭い感じがあって、先ほども言ったように、地元の工務店さんも調べるようになりました(笑)。

奥様:それに、例えば住友林業さんのケースだと、話を進めていくうちに家の価格が1千万円単位で上がっていくんです。「5千万円、6千万円、7千万円」みたいに。いったい幾らになるのか検討もつかず、このまま話を進めていくのは正直怖いと思いました。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:まずは、大工さんの存在です。家の機能や性能をうたっているハウスメーカーや工務店は多いのですが、福岡工務店さんは大工さん、ひいては「人」を前面に押し出して、大切に扱っているところが素晴らしいと思いました。私にとっては、そこが一番魅力的で、他の建築会社には無いところだと感じました。家の専門的なところは、自分達にはどうしても分からないので、大工さんを大切にしている会社なら、細かい部分も丁寧に施工してくれるだろうと思ったんです。

奥様:加えて、営業さんが一歩引いて対応してくれるところも良かったです。他社は、ちょっと話をしたら「これはどうですか?」「こんなのもありますよ。」と、たたみ掛けるような勢いがすごくて、それがとてもキツかったので(笑)。

ご主人:あと、他社では話をできる相手が営業さん1人だけのことが多いので、その人を通してしか、その会社のことがわかりません。その点、福岡工務店さんは、たくさんの方が携わっているのを肌で感じられるので、そこも安心感につながりました。

奥様:事務所へ行ったら、皆さんで明るく挨拶してくださるので、全員で見てくれているんだなという気持ちになれます。

ご主人:結局は、「人で決めた」ということですね(笑)。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥様:もう不満だらけですね(笑)。

ご主人:まずは、子ども部屋が無いところ。

奥様:それもあるし、断熱材が入っていない家だったので、冬はとても寒かったです。

ご主人:昔の家だったので、結露もひどく窓枠はカビだらけでした。咳もゴホゴホ出ていました。

奥様:子どもたちがアレルギー体質なので、この家にずっと暮らすのは、ちょっとキツイかなと感じていました。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?

奥様:まだ、住んでいないので、ちゃんと体感はできていませんが、今日みたいな寒い日に、エアコン1台でこれだけ暖かいっていうのは本当に初めてなので、とても期待できると思います。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥様:やっぱり費用面です。私たちの絶対条件に、無垢のウォールナットを使うっていうのがあったんですけど、高い材料だと聞いていたので、いくらになるのか本当に不安でした。先ほどの住友林業さんの話で、一千万円単位で価格が高くなるのを目の当たりにしていたので、なおさら不安でした。

ご主人:私は、全然ありません。ずっと隣の建物から見ていましたし、逆にやりづらいのではないかと思っていたくらいです(笑)。強いて言うなら、引渡しのタイミングが予定に間に合うかのかという心配と、古家を解体して更地の状態がしばらく続いたので、工事の始まりがいつになるのかなと思ったくらいです。そこは逐一、連絡をいただけたら良かったと思います。

奥様:でも、工事が始まってからは、もうたくさんやり取りさせていただいたので、そうした不安はなくなりました(笑)。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

奥様:残念とかではないんですけど、トイレの電気スイッチの位置が逆だったら良かったかなって(笑)。

ご主人:細かすぎる(笑)。

奥様:もう、それぐらいしか思いつきません。毎日、隣の仕事場から現場を見ていたし、なにかあればいつも快く見せてもらい、丁寧に説明もしてくださいました。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:いろんなキャラクターの方にお会いできたことです(笑)。

奥様:初めに担当してくださったのは、女性の営業の方でしたが、「ここはこうした方が良いですよ。」と、思っていることをどんどんおっしゃって引っ張ってもらいました。

ご主人:久山にあるコストコにまで引き連れていってもらい、福岡工務店のドンみたいな人でしたね(笑)。

奥様:残念ながら途中で退社されてしまいましたが、キッチンも「絶対トクラスさんが良いですよ。」ってオススメされました。グレードについては悩みましたが、初めにアドバイスをもらったことは、全部生きています。

ご主人:予算的な部分で悩みましたが、お陰様でキッチンにしても何にしても、そんなに悩むっていうことはありませんでした。

奥様:インテリアコーディネーターの尾田さんとは、ずっとLINEでやり取りをさせていただき、本当にありがたかったです。価格が高くて悩んでいたタイルも、高級感があって価格も手ごろなものを、たくさんある種類の中から見つけてきて頂きました。

ご主人:それから、現場監督の中村さん。とても優しくて、臨機応変に対応していただきました。エコキュートとエアコンの室外機の置き場のことでは、ちょっと行き違いがあったようですけど、中村さんが責任を持って対応していただきました。

奥様:大工の丸川さんは、私たちの店が隣にあるので、何度も何度もお会いしました。はじめは、強面な職人さんが来られるのかと思っていたんですけど、ものすごくオシャレで気さくな方で驚きました(笑)。現場もいつもキレイに整理整頓されていましたし、質問に対しても優しく詳細に説明していただきました。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥様:友達を呼んでパーティーがしたいです。今まではキッチンが1つでしたので、義母さんの生活もあるしということで遠慮していた部分もありました。これからはお互いにやりたいことが自由にできるのが良いですね。

ご主人:私は、ゆっくりしたいです(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:建築会社を選ぶ際は、会社ごとに色々な特徴があると思ますが、大事なのことは「自分たちがどういう家を建てたいのか」をイメージしておくことだと思います。それと、できれば予算は多めに考えておいたほうがいいです。良くみえる物は、やっぱり高いんですよね(笑)。

奥様:私も、全体的なイメージとこだわりを持っておくことでしょうか。私たちは、ウォールナットしか決めていなかったので、インテリアコーディネーターの尾田さんにとても助けられました(笑)。あとはやっぱり、現場で施工する大工さんの腕。腕があるからこそ、良い家が建てられると思います。