建築会社の選び方

家づくりの良し悪しは依頼する建築会社によって大きく差がでます。しかし、たくさんある建築会社の中から良い建築会社を選ぶことは大変な作業です。ここでは「接客」と「建物」から本当に信頼できる建築会社を簡単に見極めるポイントをお伝えします。

接客での見極め方

  • ①オーナー様に直接話しを聞けるか

  • 担当への質問で「今まで建てたオーナー様に直接話しを聞くことはできますか?」と尋ねてください。この質問で50%以上は良い建築会社かどうか見極められます。

    住宅建築の業界は、じつはクレーム業界とも言われているほど苦情が多い業界です。(クレームと言うと大変失礼ですが、ここではそのままの言葉を使っています。ご了承ください。)そういう業界なので「家が完成したらなるべくその家には近づきたくない」と思う建築会社は多々あります。

    逆に良い建築会社はクレームに誠実に対応し、アフターメンテナンスもきちんとおこなって、オーナー様とコミュニケーションが取れています。家は一生物の買い物です。建てて終わりではありませんし、むしろ建物が完成してからのほうが長い付き合いになります。これから家づくりを始める方は、まずこの質問をして実際にオーナー様に直接話しを聞いてみてください。

  • ②他社との比較を拒んでいないか

  • 昔の話しですが、みなさんどちらの侍のほうが強いと思いますか?

    A:「私は日本一強い」と言っている侍
    B:「いつでも誰からの挑戦でも受けてたつ」と言っている侍

    Bの侍ですよね。それは腕に自信があるからです。建築会社にも同じことが言えます。質の高い家を適正な価格で建築している会社は、技術やサービスに自信を持っているため、他社と比較してもらうことが良いことだと思っています。

    逆に「当社の建物は日本一丈夫で安いです」「他社は検討せずに当社で建ててください」という会社には疑問を感じます。「建物のよさを実感してもらうために他社と比較してください」と堂々と言える会社はやはり信頼ができます。

  • ③契約を急がせようとしていないか

  • 「この価格で会社の稟議が通りました」「この価格は今月までの契約が条件です」なんて言い方をされたら要注意です。こんな言い方をする建築会社は、建物の質よりも売上を重要視している会社です。特に売上を重要視している建築会社の営業マンはノルマ達成に必死です。そもそも建物の場合、注文してから建てることが多いので建てる側からしたら急ぐ必要がありません。

    稀なケースですが、材料や設備機器などの資材が入らなくなる可能性がある場合、急いで契約したほうが良いこともあります。しかしこの場合、資材を確保できなくなるということは、建築会社の体力や信用力・調達力がない場合が多いです。納期(いつまでに契約)決定には色々と理由がありますが、その理由が対外的なこと以外はあまり信用しないほうが得策だと言えます。

    対外的とは?

    ・消費税が上がる
    ・国からの建築補助金が今月で終わる

    などがあります。ただし、土地は世界に1つしかありませんので、早く契約しなければならない場面が多々あります。

建物での見極め方

  • ①建物の中を快く案内してくれるか

  • プロでも完成した家の良し悪しを見極めることは非常に難しいです。それは完成した建物の下地(中身)は表からは全く分からないからです。あえて見るとしたら…

    【外観】
    ・外装やタイルなどが左右対称になっているか(サッシや外壁サイディングなどのジョイント位置、ただし予算の関係で左右対称にならない時もあります)
    ・換気扇などの取付位置が建物のメインとなる面に来ていないか

    【内観】
    ・クロスなどの繋ぎ目や角に隙間がないか(特に押入れなどの見えにくい所は要注意)
    ・笠木(かさぎ)、巾木(はばき)などの出隅(ですみ)、入り隅(いりすみ)などの納め方に隙間がないか(特に繋ぎ目に要注意)

    見える所はどの建築会社も綺麗に仕上げますので、表面的に見て全てを把握することは至難の業です。ですから建築中の家や現場の状況、雰囲気を見ることは非常に大切です。

  • ②整理・整頓・清掃が徹底されているか

  • もし材料や職人の腕の良し悪しまでは分からないとしても、現場の掃除が行き届いているかは分かります。整理・整頓・掃除が徹底されているかは、その建築会社がどれだけ現場に力を入れているかの判断基準になります。

  • ③挨拶・身だしなみ・タバコの処理はよいか

  • 職人といえども現場での挨拶や身だしなみは基本です。また、木材を扱う現場においてタバコの処理は最重要のチェック項目です。もし喫煙スペース以外でタバコを吸っていることがあれば、現場管理が行き届いていない可能性があります。

    これらのことを心掛けていれば職人も建物への愛着が生まれ、良い仕事へと繋がります。ただし、職人さんは営業マンではありませんので、愛想の良し悪しはチェック項目から外してあげてください。

  • 福岡工務店は、スタッフ全員が「良い家を建てたい」という情熱を持って家づくりに取り組んでいます。一生に一度の家づくり、先輩オーナーの話しを聞いたり、家をたくさん見ながら「満足のいく家づくりをしたい」という方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。