-終了-【完成見学会】2022年8月20日(土)~8月21日(日)・福岡市早良区野芥

【完成見学会】2022年8月20日(土)~8月21日(日)・福岡市早良区野芥

建物・間取 / 2階建て・5LDK
敷地面積 / 146.42㎡(44.29坪)
延床面積 / 137.34㎡(35.50坪)

 

 

8月だから体感できる「猛暑になるほど快適な家」

電気やガス料金の高騰が続く今。生活防衛の手段として、外気の影響を受けにくい高気密な外断熱住宅を選ぶ方が増えています。小さいエアコンで大空間がどのくらい涼しくなるのか。性能を体感をするなら、一番暑い8月が最適です。

 

コロナ禍でおうちキャンプもできるガレージハウス

コロナ禍や猛暑で、気軽な外出が難しい時、自宅に屋根付きの広い空間があれば、小さなお子様も思いっきり遊べます。こちらの住宅は、電動シャッター付きの本格的なガレージハウス。おうちキャンプを楽しんだり、ご主人が趣味を楽しんだりと、車やバイクの保管や防犯対策以外にも、様々な用途で利用できます。

 

音漏れしにくい高気密住宅の特性を活かした本格防音室

自宅で自由気ままに楽器を奏でたい。そんなご家族が、高額な費用をかけずに防音にもこだわれる家として選んだのが、福岡工務店の高気密住宅。標準仕様でも遮音性が高く、小さなお子様がいるご家庭など、周囲への音漏れが気になる方には最適です。

 

高級家具のような『オフェリア』の対面キッチン

キッチンは、タカラスタンダードのOFELIA(オフェリア)。色は、シックでモダンな雰囲気に合う人気カラー「JK-800C」を採用しました。上から見るとアイランド型キッチンのようですが、手元やコンロは、リビングから見えないように壁で目隠しを施すなど、奥様こだわりのキッチンは必見です。

 

固定階段のあるロフトと広々バルコニー

2階の主寝室には、約5帖の広さがあるロフトを設けました。こちらのロフトは、珍しい固定階段があるタイプ。重たい荷物や大型の荷物があっても安定した出し入れが可能です。また、ガレージの屋根部分を活かして、バルコニーを設置。限られた空間を無駄なく有効活用しました。

 

  • 見学会会場詳細

  • ■開催:2022年8月20日()~8月21日()
  • ■時間:10:00~17:30
  • ■会場:福岡市早良区野芥
  • 会場は、地下鉄七隈線「野芥」駅から車で約5分の住宅街です。詳細な住所につきましてはご予約時にお伝えいたします。当完成見学会は「完全予約制」で、各時間帯で2組様ずつのご案内となっております。当日は、住宅営業が詳しくご説明させていただきます。
  • 新型コロナウイルス対策として、アルコール消毒液の設置。そして、スタッフはマスクを着用してご案内いたします。

 

「暑さ」「寒さ」に負けない外断熱&気密性能

ついに本格的な夏がやってまいりました。これからさらに暑くなりますが、猛暑になればなるほど快適さを増すのが、福岡工務店の家です。弊社の家は「高気密・高断熱の外断熱住宅」。それを最も体感できるのが夏と冬です。

7月の福岡市の気温を振り返ると、35℃以上の猛暑日が5日間、30℃以上の真夏日が25日間と、非常に暑い1カ月となりました。さらに、7月28日から8月5日時点まで毎日が猛暑日となっています。夏も冬も過酷なこの日本で、一年中快適に暮らしたいとお考えの方は、猛暑になるほど快適な高性能住宅をぜひご体感ください。

下の写真は目には見えない温度の変化を赤外線カメラで撮影し比較した写真です。こうした違いも見学会にお越しいただくことで直接肌で実感していただけます。

<窓付近の温度の変化>

住宅で最も熱の出入り(熱伝導)が大きいのが窓。よく壁の断熱性能に目がいきがちですが、この窓を断熱性能の高い窓にすることで、室内の温度を快適に保つことができます。

▼一般的な住宅の場合(夏季)

一般的な住宅でよく見かけるのが、アルミサッシ(窓枠)の窓。撮影してわかったことは、アルミサッシは、ベランダと同様に高温を示す白色になっており、そこから室内にいくにつれて徐々に温度が下がっています。つまり、外の熱が窓を通過して室内に伝わっていることを示しています。冬は、逆に冷たい空気が室内に伝わることになります。

▼福岡工務店の高性能住宅の場合(夏季)

上記のアルミサッシと違い、福岡工務店の高性能住宅では「樹脂サッシ」を使用しています。撮影して分かったことは樹脂サッシの場合、すでにサッシの部分で徐々に温度が下がり、室内では低温を示す濃い青色になるということです。つまり夏でも冬でも室内はほとんど外気の影響を受けず、エアコン1台で効率的な冷暖房が可能になります。

こうした違いを実際の見学会で、ぜひご体感ください。