-満員御礼-【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

 

建物・間取 / 平屋・3LDK+ロフト
敷地面積 / 509.96㎡(154.26坪)
延床面積 / 146.98㎡(44.46坪)

 

 

大家族の暮らしに合わせた間取り設計

ご夫婦とお子様4名の合計6名+ワンちゃんという大家族が暮らすこちらの住宅。お洗濯もかなりの量になります。そこで、洗濯機を2台置ける約7帖のランドリールームを設けました。さらに、脱衣室を介して約6帖の大きなウォークインクローゼットともつながっており、「洗う→畳む→しまう」の手間を大きく減らせる家事楽な間取りとなっています。

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

玄関からそのままつながる土間リビング

ご家族が多く、「寒い外から家に帰りついても玄関にすぐ入れない」というプチストレスを感じていませんか?玄関からリビングまで土間でつながることでスムーズに移動でき、外気や重い荷物からあっという間に解放されます。土間リビングの窓から庭に出られるつくりで、窓を開けば庭とリビングの一体感が増し、さらに広々と解放感のある空間となります。

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

遊び心満載のリビングダイニング

リビングダイニングは勾配天井となっており、平屋でありながら天井が高く解放感を感じられます。さらに、その高さを活かして、ボルダリングのできるクライミングウォールや雲梯(うんてい)を設けました。たとえ雨が降っても、一日中元気いっぱいに遊び回ることができ、お子様が大喜びの空間になりました。

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

海に近い立地を最大限楽しむための外部シャワー

海水浴が楽しめる海が近くにあるという立地を最大限に楽しむため、外部にお湯も水も出せる混合水栓シャワーを設けました。ランドリールームにつながる勝手口のすぐ横にあるため、シャワーで洗い残した砂が室内に入るのを最小限に抑えながら浴室に直行できます。

 

  • 見学会会場詳細

  • ■開催:2023年1月28日()・29日()
  • ■時間:①10時~ ②12時~ ③14時~ ④16時~
    ※先着予約順で各時間帯2組様ずつご案内
  • ■会場:福岡県北九州市若松区
    会場は、若松警察署 安屋駐在所から車で約2分の住宅街です。詳細な住所につきましてはご予約時にお伝えいたします。
  • 当完成見学会は「完全予約制」で、各時間帯で2組様ずつのご案内となっております。当日は、住宅営業が詳しくご説明させていただきます。
  • 新型コロナウイルス対策として、アルコール消毒液の設置。そして、スタッフはマスクを着用してご案内いたします。

 

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

【完成見学会】2023年1月28日(土)~29日(日)・福岡県北九州市若松区

「寒さ」「暑さ」に負けない外断熱&気密性能

真冬に突入し、最高気温が10度を下回るのが当たり前のようになってきました。エアコンをつけていても、足元の冷えをお感じの方も多いのでは無いでしょうか。そんな極寒の季節ほど快適さをより実感できるのが、福岡工務店の家です。弊社の家は「高気密・高断熱の外断熱住宅」。それを最も体感できるのが冬と夏です。

冬も夏も過酷なこの日本で、一年中快適に暮らしたいとお考えの方は、極寒になるほど快適な高性能住宅をぜひご体感ください。

下の写真は目には見えない温度の変化を赤外線カメラで撮影し比較した写真です。こうした違いも見学会にお越しいただくことで直接肌で実感していただけます。

<窓付近の温度の変化>

住宅で最も熱の出入り(熱伝導)が大きいのが窓。よく壁の断熱性能に目がいきがちですが、この窓を断熱性能の高い窓にすることで、室内の温度を快適に保つことができます。

▼一般的な住宅の場合(夏季)

一般的な住宅でよく見かけるのが、アルミサッシ(窓枠)の窓。撮影してわかったことは、アルミサッシは、ベランダと同様に高温を示す白色になっており、そこから室内にいくにつれて徐々に温度が下がっています。つまり、外の熱が窓を通過して室内に伝わっていることを示しています。冬は、逆に冷たい空気が室内に伝わることになります。

▼福岡工務店の高性能住宅の場合(夏季)

上記のアルミサッシと違い、福岡工務店の高性能住宅では「樹脂サッシ」を使用しています。撮影して分かったことは樹脂サッシの場合、すでにサッシの部分で徐々に温度が下がり、室内では低温を示す濃い青色になるということです。つまり夏でも冬でも室内はほとんど外気の影響を受けず、エアコン1台で効率的な冷暖房が可能になります。

こうした違いを実際の見学会で、ぜひご体感ください。