消費税増税・影響と購入のタイミング

2019年(平成31年)10月、消費税10%へ

住宅購入に大きな影響を与える消費税。
本来は2017年(平成29年)4月1日に10%へ引き上げらる予定でしたが、経済への影響を考え、2019年(平成31年)10月へ延期となっていました。そして来年の10月、ついに消費税増税の時期を迎えます。

住宅購入は、とても大きなお金が動くので、1%の増税でも支払い金額に換算すると数十万円もの差が生じてきます。もし、消費税増税前に住宅購入をお考えのお客様は、「契約(※)」と「引渡し」のタイミングが非常に重要になります。ここでは今後の消費税増税のスケジュールと住宅を購入のタイミングについて見ていきましょう。

※契約とは、請負契約のことです

消費税増税スケジュールと住宅購入のタイミング

消費税が10%に適用になるかどうかというのは、「引渡し」の時期がポイントになります。

①増税日の前に「引渡し」されたので、消費税率は8%
②増税日を過ぎてから「引渡し」されたが、経過措置により消費税率は8%
③増税日を過ぎてから「引渡し」され、経過措置も適用されないため消費税率は10%
④増税日を過ぎてから「契約」と「引渡し」をしているので、消費税率は10%

経過措置とは

注文住宅は、請負契約してからお引渡しまで、最低でも半年以上かかります。そのため、増税日の6ヶ月前までに請負契約が完了した注文住宅については、引渡しが増税日を過ぎていたとしても、増税前の税率が適用されます。これを「経過措置」といいます。

注文住宅を検討中のお客様へ

現在、注文住宅を検討中で、消費税8%で購入したいとお考えのお客様は、少し急がれた方が良いかもしれません。福岡工務店にお越しになるお客様のうち、およそ半分のお客様は、初めてご来社いただいてから請負契約まで、平均で8ヶ月ほどかかっています。

理由は、請負契約にいたるまでに、何度も設計プランを書き直して、打ち合わせを重ねるからです。つまり、来年の3月31日までに請負契約を目指すとなると、今年の夏ごろには確実に動き出さないと間に合わない可能性があります。

もし、土地からお探しのお客様の場合は、気に入った土地が見つかるのは、いつになるか分かりませんので、今すぐに土地探しを始めた方が良いでしょう。

土地からお探しのお客様へ

土地からお探しのお客様はできれば今年中に土地の購入をしておく必要があります。気に入った土地がなかなか見つからないというお客様は、福岡工務店のグループ会社に株式会社不動産福岡経由で土地をお探しできますので、お気軽にご相談ください。

土地購入に役立つ詳細情報はこちら

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください