こどもみらい住宅支援事業は、子育て世帯や若者夫婦世帯による「高い省エネ性能住宅の取得」や「既存住宅の省エネ改修」等に対して支援をおこなう国土交通省による事業です。子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を目的としています。

こどもみらい住宅支援事業にて補助金を受けるためには、建築会社が事前に「こどもみらい住宅事業者」として登録しておく必要があります。つまり、お客様にとってメリットしかないこの制度を提案しない建築会社は、国が推進する住宅性能レベルを期待できない可能性があります。

こどもみらい住宅業者である福岡工務店がつくる家は、「全棟が長期優良住宅」です。そのため、対象期間中に福岡工務店で建築いただくと、もれなく(※)最低80万円の補助金を受け取れます。また、太陽光発電システムを搭載するとZEHにも対応。最大100万円の補助が受けられます。

〇対象となる方

・一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家)

発注者又は購入者が自ら居住する住宅が対象となり、注文住宅の場合は、子育て世帯(※1)又は若者夫婦世帯(※2)が、新たに発注(工事請負契約)するものとなります。

※1、※2 いずれの場合も、土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号))に基づく土砂災害特別警戒区域に立地する新築住宅は、本事業の対象にはなりません。

何かと分かりづらい国の制度。福岡工務店では、親身にご相談にのっておりますので、少しでもご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。