空気の流れを計画する
24時間換気

01

高性能住宅の換気計画

高性能住宅の換気の考え方は居室だけではありません。廊下・トイレ・洗面・浴室から小屋裏・押入・物入から壁の中まで、汚れた空気や湿気が滞留することなく空気の入口と出口を明確にします。常に空気が静かに動いている状態にするための換気計画を立てることが重要です。

  • そのためには、隙間の少ない家にしなければなりません。隙間が多いと排気口に近い所の空気はよく動きますが、排気口に遠い所の空気は滞留します。家全体の24時間計画換気が成り立たなくなるわけです。建物の隙間が一部に集中すると、温熱環境的に大きな欠陥になり結露が発生しやすくなります。中途半端な高気密住宅にするのであればスカスカな住宅の方が安全です。

    建物の気密性能は単に隙間風をなくすだけではなく、計画換気の目的を果たして結露を防ぎ、室内空気環境の向上のために最も重要な要素です。

02

24時間換気システム

福岡工務店では、24時間換気によって湿気を含んだ空気の滞留を防ぎ、屋根裏や床下や押し入れなどの家中の空気が、2時間に1回入れ替わる循環システムを取り入れております。なお、この24時間換気には気密性の確保が非常に重要となります。計画通りの換気性能を確保するためには、C値(気密値)を0.7以下にすることが絶対条件です。