地震から家族を守る
耐震性能

01

活断層が複数ある福岡

  • 近年、地震が頻発している日本。福岡では2005年に福岡県西方沖地震で震度6弱を観測。福岡市西区玄海島では住宅の半数が全壊する大きな被害をもたらしました。じつは福岡都市圏には、地震を引き起こす可能性があると言われている活断層が警固断層以外にも複数見つかっており、今後30年以内に強い地震が発生する確率は0.3~6%と全国的に見ても高い値となっています。

    これから福岡で家を建てる方は様々な地震対策も万全に行い、行政が発表している揺れやすさマップも活用されることをお勧めします。

    福岡の主な活断層:日向峠―小笠木峠断層帯、警固断層帯、宇美断層、西山断層帯

02

福岡工務店の耐震対策

  • 耐震等級2以上を確保

    • ▼ 耐震等級とは

      平成12年(2000年)に制定された住宅品質確保促進法(品確法)において、建築主が耐震性を判断する目安となるように3段階の耐震等級が表示されました。福岡工務店では、ご予算やプランに合わせて、法律で定められている耐震等級2~3の家づくりを行っています。また長期優良住宅の認定をとるため構造計算は第三者のチェックを受けています。

  • 横揺れを壁全体で支えるハイブリット工法

    従来の家づくりでは、この揺れを「筋交い」で支えてきました。しかし、近年多発する地震では、筋交いのみで揺れを支えられず建物が倒壊してしまうケースが出ています。こうした状況を踏まえて、柱と筋交いで支える「在来工法」だけでなく、壁で支える「2×4工法」のノウハウも掛け合わせた「ハイブリッド工法」を推奨しています。

    • 在来工法

      柱・梁・土台・筋交いなどで作られている工法です。伝統的な日本古来の工法であり、設計自由度が高くて耐久性に優れています。

    • 2×4工法

      2インチ×4インチの枠材と合板を用いて作られる壁式工法です。面で外からの力を受け止めるため耐震性・台風性に優れています。

    • ハイブリット工法

      在来工法と2×4工法を掛け合わせた工法です。柱と筋交いと壁の3点で家を支えるため、地震などで生じる横揺れへの耐久性に優れています。

  • 耐力面材「あんしん」の特徴

    ハイブリット工法の壁にあたる、耐震性・防耐火性・耐久性を兼ね備えた耐力面材「あんしん」は、各種性能面でバランスが良く総合性能に優れた建材です。JIS規格「木材保存材の性能試験」では高い対朽性を発揮し、耐用年数90年とも言われる長期優良住宅に最も適しています。※図は「あんしん」と木質構造用パネルと構造用合板の3つで比較した結果を表したものです。

    • 耐久性 耐凍結融解性や耐透水性の試験で優れた性能を証明。湿度の高い福岡にはなくてはならない性能です。
      耐火性 国土交通大臣認定の準不燃材料によってつくられた「あんしん」は、準不燃材料認定を取得しています。
      耐犠牲 JIS規格「木材保存剤の性能試験」に準じて耐蟻性試験を実施。3週間後の供試体の重量減少率や兵アリの死亡率などで高い性能を発揮しました。
      耐震性 「あんしん」は1枚で筋交い2本以上の耐力を発揮。壁倍率は2.9倍で地震や台風時の横揺れから建物を守ります。
      耐朽性 90年以上住まう長期優良住宅にはなくてはならない耐朽性です。JIS規格「木材保存剤の性能試験」にて高い耐朽性を証明しました。