シックハウスと化学物質過敏症

シックハウスと化学物質過敏症

国によって定められているシックハウス症候群への対策はとても重要です。家族が笑顔で暮らすための家が病気の元になっては本末転倒と言えるでしょう。

本記事では、シックハウス症候群や化学物質過敏症とは何か、それぞれの予防と対策などをご紹介しています。

 

 

シックハウス症候群とは

シックハウスと化学物質過敏症

シックハウス症候群とは、新築の建物に使われる接着剤や防腐剤などに含まれる化学物質が空気を汚染し、吸い込んだ人体に蓄積されて起きると言われています。その症状は、目がチカチカする、のどの乾燥、鼻水、頭痛、湿疹、吐き気など様々です。

住宅の高気密高断熱が進むにしたがって、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっており、湿度が高いと細菌・カビ・ダニが繁殖しやすくなります。

また、一般的な石油ストーブやガスストーブからも一酸化炭素・二酸化炭素・窒素酸化物などの汚染物質が放出されます。たばこの煙も有害な化学物質が含まれています。

シックハウス症候群は、それらが原因で起こる症状です。人体に与える影響は個人差が大きく、同じ部屋にいるのに全く影響を受けない人もいれば敏感に反応してしまう人もいます。

 

化学物質過敏症とは

シックハウスと化学物質過敏症

シックハウス症候群の他に化学物質過敏症というものがあります。これは化学物質全般に反応してしまう症状で、患者の4分の3は女性で30代~50代に多く見られると言われています。

柔軟剤などの香料で気分が悪くなるのも化学物質過敏症です。反応してしまう強さは人それぞれでいつ発症するかもわかりません。ひどい症状であれば痙攣や呼吸困難を引き起こすこともあります。

化学物質過敏症で困るのは診断までに時間がかかることです。多くの場合、原因がわからず診療所や病院を転々とします。医療関係者もこの疾患への理解がないため、はっきり診断が出ることは稀です。

更年期障害、自律神経失調症、パニック障害、うつ病と診断されることも少なくありません。原因がわからず患者が孤立することもあり、日常生活で様々な困難を抱えてしまう状態になると専門家も話しています。

 

予防と対策

シックハウスと化学物質過敏症シックハウス症候群や化学物質過敏症に困らないためには、原因とされるものを発生させない家や予防できる家にすることが基本となります。福岡工務店では、以下のようにして予防を実現しています。

 

結露によるカビやダニを発生させない

シックハウスと化学物質過敏症

高気密高断熱の高性能住宅のメリットのひとつがカビやダニが発生しにくいことです。窓周りや壁内のカビの発生は、断熱性能の低さによる結露や気密性能の低さによる不十分な換気の湿気が原因です。

福岡工務店の家は適切な計画換気をおこなえるので結露が発生しません。カビやダニの発生を抑制できるため、カビの胞子やダニの糞や死骸によるハウスダストを防ぎます。

また、最近の研究ではカビが揮発性有機化合物(VOC)を発生させることも報告されていますので、その被害も予防することができます。

 

化学物質のストレスを低減させる

シックハウスと化学物質過敏症

福岡工務店では、フローリングとビニールクロスを現場に運ぶ前に、FFC処理という化学物質を外に出す処理をおこなっています。現在の建材は13種類ですが、揮発有機化合物(VOC)の指針値が定められたことで人体に優しい建材となっています。

しかし、全く化学物質を使っていないわけではなく、化学物質過敏症の方はわずかでも反応することがあります。それでも、FFC処理は同時にミネラルを含ませることで継続的に室内の空気を綺麗にする効果が期待できます。

規制された化学物質だけでなく、化学物質のトータルVOC(TVOC)が健康被害を発生させるという指摘もあり、広い視野で予防策をとっていくことが必要です。

 

まとめ

シックハウスと化学物質過敏症本記事では、シックハウス症候群や化学物質過敏症とは何か、それぞれの予防と対策などをご紹介しました。

シックハウス症候群や化学物質過敏症には個人差があるとはいえ、発症してしまうと日常生活で様々な困難を抱えてしまう可能性があります。

福岡工務店では、適切な計画換気を実現することはもちろん、使用する建材にFFC処理をおこなうことによって、人体に優しい家をご提供しておりますので、家族が健康で暮らせる家を建てたい方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。