<そもそも断熱材って何?>

断熱材とは、その名の通り「熱の伝わりを絶つ材料」のことで、これらを建物の壁や床、屋根などに入れることで、「室外からの熱が伝わりにくく、室内の熱が逃げにくい」環境をつくることができます。

断熱材があることで外気温の影響を少なくし、室内を一定の温度に保つことができるため、「夏は涼しく、冬は暖かい」住まいづくりの実現には、欠かすことのできない大切な要素となります。

 

<断熱の重要性>

快適な暮らしを叶えるために欠かせない断熱材。しかし、施工後は完全に見えなくなってしまうため、建築費用を安くするために性能の低い安価な断熱材が用いられやすい箇所でもあります。もし、断熱性能が不十分だと、いざ住み始めてから様々な問題が生じるので、可能な限り良い断熱材を選びたいものです。

■断熱性能が不十分な場合に生じる問題

・光熱費が高くなる

・家の中で温度差が生まれ不快に感じる

・結露しやすくカビが生えやすい

・寒さやカビ菌などで体調を崩しやすくなる

・ヒートショックが起こりやすくなる

 

<住んでから気づく断熱の大切さ>

国土交通省が発表した「住生活総合調査結果」によると、現在の住まいに対する不満な点として、5位に「断熱性」がランクインしています。

■ 現在の住まいに対する不満点

1位:高齢者への配慮(段差がない等) 47.2%

2位:地震時の安全性 43.6%

3位:遮音性 42.9%

4位:台風時の安全性 38.8%

5位:断熱性 38.6%

 

しかし、同調査における住環境で重要だと考える項目では、「断熱性」への関心は低く、重要視されていないことが分かります。

1位:治安 39.8%

2位:日常の買い物などの利便 36.6%

3位:日当たり 34.3%

4位:地震時の安全性 33.7%

5位:通勤・通学の利便 28.8%

23位:断熱性 10.9%(全32項目中)

※出典:国土交通省住宅局「平成30年・住生活総合調査結果」

 

つまり、多くの人が、実際に住み始めてから断熱性の大切さ感じていることがわかります。

ここからは、後悔しないマイホームづくりのために、断熱材の種類や性能についてご紹介していきます。

 

<断熱材の主な種類>

断熱材は大きく「鉱物繊維系」「木質繊維系」「発泡プラスチック系」の3つに分類されます。

・鉱物繊維系
ガラスや砂、鉄鋼スラグや岩石などの鉱物を綿状にしたもので、繊維の隙間に空気を閉じ込めた断熱材。戸建住宅に使用されている断熱材の約7割以上を占めているとも言われており、「グラスウール」がその代表格です。

・木質繊維系
新聞やダンボールなどの古紙、おがくずやパルプなどの木材を綿状にしたもので、繊維の隙間に空気を閉じ込めた断熱材。基本性能は鉱物繊維系と酷似している。

・発泡プラスチック系
プラスチックを発泡させ、細分化された気泡の中にガスを閉じ込めた断熱材。「高い断熱性能」と「施工の容易さ」から、近年注文住宅での採用が増加している。

 

<断熱材のメリット・デメリット>

断熱材ごとの違いを表にまとめると以下の様になります。

比較してみると、繊維系の断熱材は価格が安いものの、断熱性が低く、発泡プラスチック系は価格が高いものの、断熱性や防湿性に優れていることが分かります。

福岡工務店では、創業当時から「硬質ウレタンフォーム」の外断熱材を使用し、さらに面材には遮熱性能に優れた赤外線高反射タイプのアルミ箔を採用した「キューワンボード」を採用しています。また、シロアリ対策も十分におこない、長年の採用実績から価格も他社より優位な仕入れを実現しております。

快適なマイホーム生活を送るためにも、メリット・デメリットをしっかりと比較して、建設予定地の気候や重視したい性能に応じて、ベストな断熱材を選ぶことが大切になります。