福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

こんにちは。リポート担当の有村です。6月23日(木)晴れ。本日は、地鎮祭後基礎工事が始まった様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼敷地の周りにぐるっと取り付けられている板は遣り方といいます。遣り方とは、工事を着手する前に、建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、これから進む建築において非常に重要な基準となるものです。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼こちら書かれている印は、斜線には50㎜の基礎断熱材、150㎜の基礎コンクリートの厚みという印です。90㎜と60㎜の間に稲妻マークが書かれていますが、ここが基礎の芯になるという印になっています。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼貫板には様々な印が打たれていきます。こちらに書かれている「▲設計GL+550」とは、ここが設計GL(グランドライン)で、仕上がり予定地面から550ミリの高さになるという意味の印です。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼重機を巧みに操り、砕石を敷いていきます。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼敷いた砕石を均していきます。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼その時に、ローテーティングレーザーと呼ばれる機械を使って水平の高さを合わせていきます。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

▼こちらには、次に使用する型枠や鉄筋の搬入が完了していました。

福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~福岡県大野城市04 注文住宅建築現場リポート② ~基礎工事・砕石転圧~

北九州市八幡西区(1)

福岡市東区(147)

福岡市博多区(117)

福岡市中央区(46)

福岡市南区(787)

福岡市西区(231)

福岡市城南区(212)

福岡市早良区(201)

久留米市(52)

飯塚市(4)

柳川市(8)

小郡市(77)

筑紫野市(141)

春日市(172)

大野城市(50)

宗像市(78)

太宰府市(162)

古賀市(68)

福津市(123)

宮若市(9)

朝倉市(9)

糸島市(57)

那珂川市(191)

糟屋郡宇美町(23)

糟屋郡篠栗町(18)

糟屋郡志免町(50)

糟屋郡須恵町(33)

糟屋郡新宮町(11)

糟屋郡久山町(11)

糟屋郡粕屋町(45)

朝倉郡筑前町(75)

三井郡大刀洗町(29)

その他(84)